岐阜県道154号笠松墨俣線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
岐阜県道154号標識
西側から望む笠松町本郷の岐阜県道151号岐阜羽島線との交差点
岐阜県道154号線。柳津小学校交差点より東を望む。

岐阜県道154号笠松墨俣線(ぎふけんどう154ごうかさまつすのまたせん)とは岐阜県羽島郡笠松町と岐阜県大垣市墨俣町を結ぶ一般県道(岐阜県道)である。

概要[編集]

笠松町と大垣市墨俣町を結ぶ県道であるが、実質は岐阜市柳津町を横断する県道である。両末端区間は笠松町、大垣市墨俣町には達しておらず、それぞれ別の県道を介して両市町につながる。岐阜県の平成16年度建設行政の概要によれば、起点は笠松町泉町の泉町東交差点(岐阜県道14号岐阜稲沢線交点)になっている。これは泉町東交差点が岐阜県道154号笠松墨俣線の南側に走る旧道の起点であったなごりと思われる。

路線データ[編集]

ここでの起点と終点は、両末端の別県道との重複区間が無いと仮定して記載する。

起点側は岐阜県道14号岐阜稲沢線を介して(約100m)笠松町につながる。終点側は岐阜県道31号岐阜垂井線を介して長良大橋を経由し、約1kmで大垣市墨俣町につながる。

重複区間[編集]

主な橋[編集]

地理[編集]

沿道にはジャスコ柳津店、カラフルタウン岐阜といった大型商業施設、岐阜聖徳学園大学(羽島キャンパス)、羽島北高校岐阜聖徳学園大学附属高校岐阜聖徳学園大学附属中柳津小岐阜聖徳学園大学附属小岐阜聖徳学園大学附属幼稚園の文教施設がある。岐阜市を中心とした地域の流通の拠点である、岐阜流通センターもあり、大型車の通行も多い。この沿道には様々な飲食店が集中している。

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

関連項目[編集]