岐阜県道157号鶉羽島線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
岐阜県道157号標識

岐阜県道157号鶉羽島線(ぎふけんどう157ごう うずらはしません)とは、岐阜県岐阜市と岐阜県羽島市を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

この路線の一部は産業拠点である岐阜流通センターや岐阜市南西部、瑞穂市大垣市墨俣町などから、東海道新幹線岐阜羽島駅名神高速道路岐阜羽島インターチェンジへのアクセス道路となっており、整備が進んでいる。

岐阜県の資料によれば、起点は岐阜県岐阜市鶉新地となっており、旧道は岐阜県道31号岐阜垂井線の西鶉6交差点から始まっていた[1]。しかし現在は旧道より西側にバイパス(岐阜都市計画道路岐阜大須線)が完成し、実質の起点は岐阜市柳津町上佐波西の上佐波西1交差点(岐阜県道31号岐阜垂井線、岐阜県道173号文殊茶屋新田線交点)である。起点より南下し、岐阜流通センター東側を通り、高桑1交差点を右折し西に向かう。900mほど進んで小熊高桑大橋北交差点を左折し、再び南に向かい、境川に架かる小熊高桑大橋を渡る。羽島市に入り、小熊町西小熊から終点までは岐阜県道153号羽島茶屋新田線と重複しながら南進し、途中岐阜県道1号岐阜南濃線岐阜県道151号岐阜羽島線とも重複している。羽島市舟橋町宮北の舟橋町宮北交差点(岐阜県道1号岐阜南濃線、岐阜県道46号岐阜羽島インター線交点)が終点。

路線データ[編集]

  • 起点:岐阜県岐阜市柳津町上佐波西 上佐波西1交差点

    (岐阜県道31号岐阜垂井線、岐阜県道173号文殊茶屋新田線交点)〔実質の起点〕

  • 終点:岐阜県羽島市舟橋町宮北 舟橋町宮北交差点

    (岐阜県道1号岐阜南濃線、岐阜県道46号岐阜羽島インター線交点)

重複路線[編集]

地理[編集]

途中境川(木曽川水系長良川支流)を渡る。

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧道の境川に架かる橋は沈下橋であった。現在は架けなおされ、岐阜市道の東境川橋になっている。

関連項目[編集]