岐阜県道62号下呂白川線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
岐阜県道62号標識

岐阜県道62号下呂白川線 (ぎふけんどう62ごう げろしらかわせん)は、岐阜県下呂市から岐阜県加茂郡白川町に至る主要地方道である。

概要[編集]

岐阜県道62号下呂白川線、加茂郡東白川村にて
白川町中心部、岐阜県道62号。国道41号からトンネルを抜けてすぐの地点で、スーパーや商店が立ち並ぶ

下呂市宮地の国道257号が起点。輪川(木曽川水系飛騨川支流)沿いに進み、笹峠を越えて下呂市門和佐地区を通り、さらに松坂峠を越えて、加茂郡白川町に入る。峠を下った白川町上佐見で国道256号と接続し、重複区間となり、東へ向かう。桜峠を越えて加茂郡東白川村に入る。東白川村神土で国道256号と分かれ、白川に沿って南西に進む。再び白川町に入り、白川と飛騨川の合流点近くの白川町河岐の国道41号との交点が終点。終点付近は白川町中心部を迂回するバイパスとなっている。

路線データ[編集]

岐阜県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

  • 起点 : 岐阜県下呂市(宮地=国道257号交点)
  • 終点 : 岐阜県加茂郡白川町(白川口交差点=国道41号交点)
  • 重要な経過地 : 岐阜県加茂郡東白川村

路線状況[編集]

通称[編集]

加茂郡東白川村神土の国道256号交点から終点にかけては、中津川市加子母の国道256号・国道257号交点(万賀交差点)から続く白川街道の一部である[2]

重複区間[編集]

  • 国道256号 : 加茂郡白川町上佐見 - 加茂郡東白川村神土

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

周辺[編集]

別名[編集]

  • 飛美里山ふるさと街道(下呂市、白川町)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ 岐阜県加茂郡東白川村神土の地図”. Mapion. 2013年8月31日閲覧。

関連項目[編集]