岡今朝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡 今朝雄(おか けさお、1879年明治12年)5月15日[1] - 1941年昭和16年)10月15日[2])は、日本の官僚会計検査院長

経歴[編集]

佐賀県出身。1904年(明治37年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[3]。税務属・大蔵属、税務監督局事務官・塩務局事務官、検査官補、副検査官、朝鮮総督府事務官、同営林廠長を歴任[1]1921年大正10年)より検査官となり、1924年(大正13年)からは会計検査院部長を務めた[1]1938年(昭和13年)、会計検査院長に就任した[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 会計検査院長岡今朝雄特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11115139100 
  2. ^ 『官報』第4435号、昭和16年10月20日。
  3. ^ 日本官界名鑑 1940.
  4. ^ 『官報』第4031号「叙任及辞令」1940年6月15日。
  5. ^ 『官報』第4435号「叙任及辞令」1941年10月20日。

参考文献[編集]