岡倉士朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1948年

岡倉 士朗(おかくら しろう、1909年9月24日1959年2月22日)は、日本演出家

人物[編集]

東京市本郷区丸山新町(現・文京区白山)出身[1]立教大学卒。英語学者の岡倉由三郎の3男[2]。美術史家の岡倉天心の甥。新築地劇団、ぶどうの会と民衆芸術劇場(のち劇団民藝)と渡り、歌舞伎オペラなどの演出にも携わった[3]木下順二作『夕鶴』演出で毎日演劇賞受賞[3]

経歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 岡倉士朗 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク
  2. ^ 岡倉士朗 とは - コトバンク
  3. ^ a b c d 岡倉士朗 - Yahoo!百科事典 日本大百科全書(小学館)祖父江昭二