岡原慎也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡原 慎也(おかはら しんや、1954年10月31日[1] - )は、日本ピアニスト指揮者大阪音楽大学大学院ピアノ研究室主任教授。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校東京芸術大学音楽学部卒業。

経歴[編集]

福岡県出身[1]。4歳よりピアノを始まる。中学校の頃に全日本学生音楽コンクール中学生の部全国第一位となる。東京藝術大学卒業後は、ドイツに留学しベルリン芸術大学ミュンヘン音楽大学マスタークラスで学ぶ。

帰国後は、数々の演奏会で高評を博し、1994年ヘルマン・プライ1995年テオ・アダムと共演を果たす。1996年にはディートリヒ・ヘンシェルの初来日公演をプロデュースし、1997年にシューベルトイヤー、1999年のR.シュトラウスイヤーの全国ツアーを成功させる。その成果が認められチェスキー・クルムロフ音楽祭、リヒャルト・シュトラウス音楽祭、そしてグラン・カナリア音楽祭などに招待される。

2006年よりチェコで指揮者としてのデビューを果たす。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.502