岡山県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗岡山県第3区
岡山県衆議院小選挙区区分図.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 津山市備前市赤磐市真庭市(旧北房町域を除く)、美作市岡山市東区(旧瀬戸町域)、和気郡真庭郡苫田郡勝田郡英田郡久米郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 阿部俊子
有権者数 274,078人
1.18 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

岡山県第3区(おかやまけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

中選挙区時の旧岡山1区のうち、岡山市と瀬戸内市を除いた県北東部、南東部の区域にほぼ相当する。旧来から自由民主党支持層が多く、保守王国の一角を占めている。

小選挙区設置後は保守派の重鎮である平沼赳夫が対立候補に大差をつけて当選を続けており、2005年第44回衆議院議員総選挙郵政民営化法案に反対し刺客が送り込まれた際も大差で勝利している。また、2012年第46回衆議院議員総選挙における維新の会公認の小選挙区立候補者のうち、本部がある大阪府以外での当選者は、たちあがれ日本出身の平沼と園田博之熊本4区)のみであった。

2014年第47回衆議院議員総選挙では次世代の党公認で平沼が再選。次世代の党公認候補で当選したのは平沼と熊本4区で当選した園田のみである。なお、平沼は2015年9月に次世代の党を離党し、翌月に自民党に復党した。

なお、第44回と第45回の選挙では自民党は公認した阿部俊子の対立候補が知名度の高い平沼であることを考慮し、阿部を他の重複立候補者より上位の比例中国ブロック1位とする優遇措置を行った。第46回・第47回の選挙ではこの優遇措置は行われなかった。

第48回選挙では平沼赳夫が不出馬を表明し、前職の自民阿部と平沼赳夫の次男で自民党員である平沼正二郎が自民党の公認を申請した。自民党はいずれも公認せず両候補を無所属出馬させ、阿部を党推薦候補とした。いずれかが当選した場合は追加公認するとしていたが[1]、阿部俊子が当選し追加公認された[2]。自民党としての議席獲得は2003年の第43回衆議院議員総選挙以来となる。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 平沼赳夫 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 無所属
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年 日本維新の会
第47回衆議院議員総選挙 2014年 次世代の党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 阿部俊子 無所属
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:282,167人 最終投票率:55.47%(前回比:+0.68ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
阿部俊子58無所属59,488票
38.92%
――自由民主党推薦×
平沼正二郎37無所属55,947票
36.61%
94.05%×
内山晃63希望の党21,970票
14.38%
36.93%
尾崎宏子61日本共産党15,424票
10.09%
25.93%
  • 阿部俊子・平沼正二郎両候補とも自民党所属であったが、どちらも公認を得られず無所属出馬となった。結果、阿部が当選し自由民主党に公示日に遡って追加公認された。
  • 内山は第43回・第44回・第45回は千葉7区で活動。

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:283,475人 最終投票率:54.79%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫75次世代の党73,852票
49.18%
――
比当阿部俊子55自由民主党57,647票
38.39%
78.06%公明党推薦
古松国昭69日本共産党18,654票
12.42%
25.26%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫73日本維新の会73,752票
44.77%
――
比当阿部俊子53自由民主党53,986票
32.77%
73.20%公明党推薦
西村啓聡37民主党29,095票
17.66%
39.45%国民新党推薦
古松国昭67日本共産党7,904票
4.80%
10.72%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫70無所属95,871票
46.61%
――×
西村啓聡33民主党54,595票
26.54%
56.95%
比当阿部俊子50自由民主党52,626票
25.58%
54.89%
池田恭一郎39幸福実現党2,611票
1.27%
2.72%
  • 平沼はこの選挙で平沼グループを組織し、代表として選挙に臨んだ。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫66無所属99,931票
48.97%
――×
比当阿部俊子46自由民主党59,303票
29.06%
59.34%
中村徹夫50民主党36,356票
17.82%
36.38%
中嶋義晴64日本共産党8,466票
4.15%
8.47%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫64自由民主党125,949票
67.27%
――
中村徹夫48民主党48,010票
25.64%
38.12%
美見芳明46日本共産党13,276票
7.09%
10.54%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫60自由民主党126,003票
64.07%
――
樽井良和32民主党54,994票
27.96%
43.64%
美見芳明43日本共産党15,658票
7.96%
12.43%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
平沼赳夫57自由民主党130,101票
65.32%
――
西岡憲康55新進党53,653票
26.94%
41.24%
長畑竜介56日本共産党15,425票
7.74%
11.86%

脚注[編集]

関連項目[編集]