岡山県道・鳥取県道6号津山智頭八東線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svg
岡山県道6号標識
Japanese Route Sign Number 6.svg
鳥取県道6号標識
岡山県道6号 津山智頭八東線
鳥取県道6号 津山智頭八東線
主要地方道 津山智頭八東線
起点 岡山県津山市野村【地図
主な
経由都市
鳥取県八頭郡智頭町
終点 鳥取県八頭郡八頭町日田【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0053.svg 国道53号
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道68号標識
岡山県道68号津山加茂線
Japanese National Route Sign 0373.svg 国道373号
Japanese National Route Sign 0029.svg 国道29号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岡山県道・鳥取県道6号津山智頭八東線(おかやまけんどう・とっとりけんどう6ごう つやまちづはっとうせん)は、岡山県津山市から鳥取県八頭郡八頭町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

岡山県津山市野村の国道53号交点から鳥取県八頭郡八頭町日田の国道29号交点を結ぶ。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道津山智頭八東線が津山智頭八東線として主要地方道に指定される[1]
  • 2006年(平成18年)4月26日 - バイパス(智頭病院線)の八頭郡智頭町坂原 - 八頭郡智頭町智頭(智頭町道駅南本線交点)間 (500m) 供用開始。
  • 2010年(平成22年)10月29日 - 鳥取県告示第637号によりバイパス(智頭病院線)全線供用開始[2][3]
  • 2012年(平成24年)5月1日 - 鳥取県告示第331号により、バイパス(智頭病院線)開通により旧道化した部分(八頭郡智頭町坂原 - 八頭郡智頭町智頭(錦橋交差点)間)が智頭町道に移行した[4][5]
  • 2017年(平成29年)3月3日 - 「智頭東交差点」を「智頭宿交差点」へ改称[6]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道53号(八頭郡智頭町智頭(あたご橋交差点 - 智頭宿交差点[6]))
  • 国道373号(八頭郡智頭町智頭・智頭宿交差点[6] - 八頭郡智頭町郷原・郷原交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

鳥取県八頭町東付近

並行する旧街道[編集]

岡山県津山市野村 - 鳥取県八頭郡智頭町智頭

  • 備前街道(物見峠越え)

主な峠[編集]

  • 物見峠

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 津山智頭八東線(智頭病院線)の供用開始”. 鳥取県八頭県土整備事務所 (2010年10月29日). 2014年11月24日閲覧。
  3. ^ 平成22年10月29日付鳥取県告示第637号 (pdf)”. 鳥取県 (2010年10月29日). 2014年11月24日閲覧。
  4. ^ 24年度告示図面”. 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2013年3月29日). 2014年11月24日閲覧。
  5. ^ 平成24年5月1日付鳥取県告示第331号 (pdf)”. 鳥取県 (2012年5月1日). 2014年11月24日閲覧。
  6. ^ a b c d 交差点名標識を観光地名称に改善します 〜交差点標識改善に伴う工事のお知らせ〜 (pdf)”. 国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所 (2017年2月27日). 2017年3月1日閲覧。

関連項目[編集]