岡山県道289号東大戸金浦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
岡山県道289号標識

岡山県道289号東大戸金浦線(おかやまけんどう289ごう ひがしおおどかなうらせん)は岡山県笠岡市東大戸と笠岡市金浦を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

広狭混在の道で、特に備南広域農道との交差点(新川交差点)以南は大型車通行禁止規制がかけられている。

路線データ[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 笠岡市(金浦、吉浜、大河)

接続道路[編集]

  • 岡山県道34号笠岡井原線(笠岡市東大戸)
  • 国道2号(笠岡市金浦

経由地区の祭[編集]

並行する旧街道[編集]

笠岡市東大戸〔起点〕・笠岡市金浦間

施設・建物[編集]

国道2号線(金浦交差点~)[編集]

通過路線(金浦交差点~)[編集]

全て高架で県道上を通過している。

その他[編集]

  • 金浦地区の沿道には片山虎之助日本維新の会)の実家がある。また、地区の中心部は道端がかなり狭く、路線バスも走っている他、交通量によっては通行が困難となる。
  • 総延長4㎞と短く始点~終点までほぼ平坦である。また井原市方面から金浦地区・吉浜地区へのショートカットとして利用されることが多い。
  • 生活道路としても使われているので走行には注意が必要。
  • 当地の祭(ひったか)の開催日には、17:00~22:00は完全通行止めになる。

関連項目[編集]