岡山県道37号西大寺山陽線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
岡山県道37号標識
岡山県道37号 西大寺山陽線
主要地方道 西大寺山陽線
起点 岡山市東区西大寺中1丁目【地図
終点 赤磐市下市【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道28号標識
岡山県道28号岡山牛窓線
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道83号標識
岡山県道83号飯井宿線
Japanese National Route Sign 0250.svg 国道250号
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道96号標識
岡山県道96号岡山赤穂線
山陽自動車道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道27号標識
岡山県道27号岡山吉井線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岡山県道37号西大寺山陽線(おかやまけんどう37ごう さいだいじ さんようせん)は、岡山県岡山市東区から赤磐市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

美作市経由での岡山市と鳥取市間の連絡にも利用され、物流関係のトラックドライバーなどが利用する路線でもある。

起点から山陽本線のガード下をくぐるまではほとんどが2車線、以降は4車線となる。交通量は国道250号(旧国道2号)と交差する平島交差点を境に変化し、平島以北は岡山市のベッドタウン的なエリアのため渋滞・交通量が多く、以南は比較的少ない。山陽本線のガード下は歩道がない上に路側帯が非常に狭く、歩行者と自転車の通行は注意を要する。また、山陽本線以南は4車線化するための用地が確保されている。

また、かつて国道2号岡山バイパスが岡山市東区浅川‐福治間において未開通だった時代は、岡山バイパス未開通区間の代替路線としての機能を担っていた。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

愛称[編集]

  • 観音院通り(岡山市:岡山市東区西大寺中1丁目 - 岡山市東区西大寺上2丁目)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]