岡山県道397号寒河本庄岡山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
岡山県道397号標識
岡山県道397号寒河本庄岡山線
岡山ブルーライン
陸上区間 実延長 33.4 km
2012年4月1日現在) [1]
開通年 2014年平成26年) 全線開通
道路の方角 東西
起点 備前市日生町寒河
主な
経由都市
瀬戸内市
終点 岡山市東区君津
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0250.svg国道250号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
岡山県道397号寒河本庄岡山線
片上大橋付近(2010年7月25日)

岡山県道397号寒河本庄岡山線(おかやまけんどう397ごう そうご ほんじょう おかやません)は、岡山県備前市日生町寒河から瀬戸内市邑久町本庄を経て岡山市東区君津に至る一般県道である。なお、本県道の大部分にあたる備前市蕃山から岡山市東区君津にかけては、地域高規格道路並みの規格の高い道路となっており、詳細については 岡山ブルーラインを参照 すること。

概要[編集]

岡山県東端に位置する備前市日生町寒河の国道250号から内陸部に入り、片上湾を片上大橋で渡り、瀬戸内市邑久町地域を西走して千町平野を抜け、岡山市東区君津の国道2号(通称•岡山バイパス)君津JCTに至る。備前市蕃山の蕃山IC以西は、東備西播開発有料道路(岡山ブルーハイウェイ)として建設された岡山ブルーライン(無料)となっており、蕃山ICから君津JCTにかけては国道2号のバイパス道路として、また備前市日生町寒河から備前市穂浪の備前IC[注 1]にかけては国道250号のバイパス道路としての役割を果たす路線でもある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

年表[編集]

年表上の道路名および地名は当時のものである。

  • 1970年昭和45年)
    • 12月25日、岡山県告示第1040号により認定。
  • 1972年(昭和47年)頃
    • この頃、現行の県道番号に変更。
  • 1974年(昭和49年)
    • 11月30日一般有料道路「岡山ブルーハイウェイ」のうち、岡山市西大寺五明(西大寺IC) - 岡山市君津(君津JCT)が供用開始。
  • 1977年(昭和52年)
    • 7月1日、備前市蕃山(蕃山IC) - 岡山市西大寺五明(西大寺IC)が供用開始。これにより岡山ブルーハイウェイは全線開通。
  • 1994年平成6年)
    • この年、岡山ブルーハイウェイの名称が「岡山ブルーライン」に改称。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日、岡山市が政令指定都市に移行。これにより、岡山市区間の道路管理者が岡山市に移行。また、経路上の岡山市域は東区となる。
  • 2014年(平成26年)
    • 11月25日15時、岡山県告示574号•575号により備前市日生町寒河地内[注 2]が供用開始。これにより未開通区間が解消し、全線開通[3][4]

路線状況[編集]

岡山ブルーライン区間の蕃山ICから君津JCTにかけては第2次緊急輸送道路に指定されている[5][6]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

主な橋梁[編集]

  • 越鳥高架橋 (備前市穂浪) …… 延長 189 m、幅員 8.5 m [7]
  • 片上大橋 (備前市穂浪 - 瀬戸内市邑久町虫明) …… 延長 520 m、幅員 8.5 m、片上湾に架橋[7]
  • 第1千町高架橋(瀬戸内市邑久町) …… 延長 420 m、幅員 9 m [7]
  • 第2千町高架橋(瀬戸内市邑久町) …… 延長 1146 m、幅員 9 m [7]
  • 西大寺大橋 (岡山市東区 西大寺新 - 金岡東町二丁目) …… 延長 544 m、幅員 9 m、吉井川に架橋[7]
  • 金岡高架橋 (岡山市東区) …… 延長 963 m、幅員 9 m [7]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 岡山県
    • 備前市 - 瀬戸内市 - 岡山市(東区)

交差する道路[編集]

本県道と接続点を持つ国•県道および箇所は次のとおり。

主な峠[編集]

  • 寒河峠 (備前市 日生町寒河 - 蕃山)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 山陽自動車道備前ICとは異なる。
  2. ^ 備前市日生町寒河のうち、字向山3011番1地先から字桜谷3219番3地先まで[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 岡山県統計年報 平成24年版(表89) (XLS)”. 岡山県庁総合政策局統計分析課. 2014年11月28日閲覧。
  2. ^ 岡山県公報 第11639号(告示第574号•575号) (PDF)”. 岡山県庁 (2014年11月25日). 2014年11月28日閲覧。
  3. ^ “備前の県道寒河本庄岡山線が開通 国道250号の混雑緩和期待”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年11月25日). http://www.sanyonews.jp/article/100221/1/?rct=tobi 2014年11月28日閲覧。 
  4. ^ “「カキオコ」混雑回避へ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2014年11月26日). http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20141125-OYTNT50251.html 2014年11月28日閲覧。 
  5. ^ 緊急輸送道路ネットワーク計画 (459 KB) (PDF)”. 岡山県庁土木部道路整備課. p. 40 (2014年1月16日). 2014年11月29日閲覧。
  6. ^ 岡山県緊急輸送道路ネットワーク計画図 (8.54 MB) (PDF)”. 岡山県庁土木部道路整備課 (2014年1月16日). 2014年11月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 岡山県統計年報 平成24年版(表91) (XLS)”. 岡山県庁総合政策局統計分析課. 2014年11月28日閲覧。

参考文献[編集]

別名[編集]

関連項目[編集]