岡山県道701号岡山賀陽自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
岡山県道701号標識
岡山県道701号
岡山賀陽自転車道線
吉備高原自転車道
路線延長 30.1km
起点 岡山市北区新庄下(岡山県道700号岡山総社自転車道線交点)
主な
経由都市
岡山市、加賀郡吉備中央町
終点 加賀郡吉備中央町吉川(国道484号交点)
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岡山県道701号岡山賀陽自転車道線(おかやまけんどう701ごう おかやまかようじてんしゃどうせん)は岡山県岡山市北区から加賀郡吉備中央町を結ぶ自転車歩行者専用の一般県道である。

通称吉備高原自転車道

概説[編集]

岡山市北区津寺から新庄下にまたがる岡山JCTの北側高架下から吉備路自転車道より分岐し、岡山済生会吉備病院脇の歩道橋国道180号を渡り、岡山市北区高松内において最上稲荷の南麓をぐるりと迂回して備中高松城跡に至り、のち西進し足守川の堤防との合流地点で北上、足守を超えた後に国道429号と合流して同河川沿いを沿って同国道と分岐・合流を繰り返し、黒谷ダムに至りそのまま同国道を北上して岡山県道72号岡山賀陽線の交点から同県道へと乗り換え、国道484号交点である吉備高原十字橋交差点で終点となる道路である。

自転車・歩行者専用道ではあるものの、分岐元である吉備路自転車道同様、自動車往来が可能な各国県道の重複区間においては本道として県道指定されているのは路肩路側帯における歩道横断歩道の部分である。こうした箇所においては通常の自動車並走の国県道同様、通行に注意を要する。また、高松地域や足守地域の付近においては住宅地の生活道路や農道が後で本県道に指定されている事も多く、このような道路に関しては地域住民の慣習的道路利用への配慮より純然たる自転車・歩行者専用道としてではなく、従来通りの生活道路・農道として運用されている事も多い。そのためこうした区間においては狭幅道路であっても自動車(許可者)の往来があるため、やはり通行に注意を要する。

なお岡山市北区高松66番地先の丁字路より高松稲荷ジャンボパーキング駐車場までの区間は中国鉄道稲荷山線の廃線跡である。

路線データ[編集]

通過する自治体[編集]

  • 岡山市(北区)
  • 加賀郡吉備中央町

見どころ[編集]

  • 近水園
  • 武家屋敷(足守町街並み保存地区)
  • 緒方洪庵生誕地

重複区間[編集]

接続道路[編集]

  • 岡山県道700号岡山総社自転車道線(岡山市北区新庄下)
  • 岡山県道73号箕島高松線(岡山市北区津寺)
  • 岡山県道73号箕島高松線(岡山市北区津寺)
  • 国道180号(岡山市北区高松原古才)
  • 岡山県道241号長野高松線(岡山市北区高松)
  • 岡山県道241号長野高松線(岡山市北区高松)
  • 岡山県道241号長野高松線(岡山市北区高松稲荷)
  • 岡山県道241号長野高松線(岡山市北区高松稲荷)
  • 国道429号(岡山市北区門前)
  • 岡山県道271号総社足守線(岡山市北区足守
  • 国道429号(岡山市北区大井)
  • 国道429号(岡山市北区大井)
  • 国道429号(岡山県道76号総社三和線重複)(岡山市北区粟井)
  • 岡山県道76号総社三和線(岡山市北区西山内)
  • 国道429号・岡山県道72号岡山賀陽線(岡山市北区掛畑)
  • 国道484号(吉備中央町吉川)

関連項目[編集]