岡山県道78号長屋賀陽線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
岡山県道78号標識
岡山県道78号 長屋賀陽線
主要地方道 長屋賀陽線
備北新線
実延長 27.8 km2012年4月1日現在)[1]
起点 新見市長屋【地図
終点 加賀郡吉備中央町西【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0180.svg 国道180号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道50号標識
岡山県道50号北房井倉哲西線
Japanese National Route Sign 0313.svg国道313号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道31号標識
岡山県道31号高梁御津線
Japanese National Route Sign 0484.svg国道484号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道57号標識
岡山県道57号総社賀陽線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岡山県道78号長屋賀陽線(おかやまけんどう78ごう ながやかようせん)は、岡山県新見市から加賀郡吉備中央町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

新見市から吉備高原都市岡山空港へ直結する備北新線の一部を形成する路線である[2]

備北新線は新見市と岡山自動車道賀陽IC)を結ぶ広域的かつ高規格的な幹線道路としての整備を目指すことがすすめられており、この県道長屋賀陽線は備北新線のほとんどの区間を構成している県道である。これによって、備北新線中国横断自動車道岡山米子線岡山道)を補完する役割りを果たしている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道土橋長屋線・県道中井豊永佐伏線・県道西方北房線の一部・県道賀陽巨瀬線が長屋賀陽線として主要地方道に指定される[3]
  • 2014年平成26年)
    • 12月5日10時、岡山県告示第596号・597号により新見市の唐松 - 土橋における新道[注 1](田津バイパス、延長 2.02 km)が供用開始[2][5]

路線状況[編集]

緊急輸送道路である国道180号の一部が事前通行規制区間となっていることから、同国道の迂回路としての役割を有する路線である[2]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新見市唐松字後田津606番1地先から字中畝678番1地先を経て新見市土橋字堤141番1地先まで[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 岡山県統計年報 平成24年版(表89) (XLS)”. 岡山県庁総合政策局統計分析課. 2014年12月17日閲覧。
  2. ^ a b c “県道長屋賀陽線の供用開始について (421 KB)” (PDF) (プレスリリース), 岡山県庁土木部道路建設課, (2014年11月26日), http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/406428_2481463_misc.pdf 2014年12月17日閲覧。 
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 岡山県公報 第11642号(告示第596号・597号) (PDF)”. 岡山県庁 (2014年12月5日). 2014年12月17日閲覧。
  5. ^ “新見の田津バイパス5日開通 県道長屋賀陽線のうち2キロ”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年12月4日). http://www.sanyonews.jp/article/103994/1/?rct=nimishi 2014年12月17日閲覧。 

関連項目[編集]