岡山農業専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡山農業専門学校
(岡山農専)
創立 1946年
所在地 岡山市
初代校長 大杉繁
廃止 1951年
後身校 岡山大学
同窓会 岡山大学
農学部同窓会

岡山農業専門学校 (おかやまのうぎょうせんもんがっこう) は、1946年昭和21年) に岡山県によって設立された公立の旧制専門学校

概要[編集]

  • 第二次世界大戦末期から戦後に増設された公立の農業専門学校 (農専、旧称 高等農林学校) の一つ。
  • 本科に農科・園芸科の 2科を設置した。
  • 学制改革岡山大学農学部の母体となった。
  • 同窓会は 「岡山大学農学部同窓会」 と称し、旧制・新制合同の会である。

沿革[編集]

  • 1945年11月: 岡山県議会議長、岡山県知事宛に農専新設要望書を提出。
  • 1946年2月: 文部省に農専設置認可申請。
  • 1946年3月29日: 専門学校令により岡山県立岡山農業専門学校設置認可。
    • 本科 (修業年限3年) に農科・園芸科の 2科を設置した。
    • 既存の農業学校 (1897年創立の岡山県高松農業学校、現・岡山県立高松農業高等学校) に併設された。
  • 1946年5月1日: 岡山農業専門学校、開校。
  • 1946年6月15日: 第1回入学式。
  • 1947年11月: 第2学年生徒が岡山市津島の旧陸軍第四十八部隊跡に駐在。
    • 六高校長 黒正巌の呼びかけに応じ、六高生徒と共に警備に当たった。
  • 1948年4月: 第1、2学年生徒は津島での授業となる。
  • 1949年1月: 文部大臣視察 (大学昇格審査) を前に、津島に全校移転。
  • 1949年4月: 農専の設置地を岡山市津島に変更。
  • 1949年5月31日: 新制岡山大学発足。
    • 旧制岡山農専は、農学部 (農学科・園芸学科) の母体となった。
  • 1949年10月1日: 岡山大学への併合認可。
  • 1949年11月: 旧農専備品を岡山大学農学部に移管。
  • 1951年3月: 旧制岡山農業専門学校、廃止。

歴代校長[編集]

  • 初代: 大杉繁 (1946年 - 1947年)
  • 第2代: 春川忠吉 (1947年 - )
  • 事務取扱:岩城鹿十郎(1947年4月1日[1] - )

校地の変遷と継承[編集]

設立当初は、岡山県吉備郡高松町原古才 (現・岡山市北区高松原古才) の岡山県高松農業学校 (現・岡山県立高松農業高等学校) の校舎に併設された。1947年11月から段階的に岡山市津島の進駐軍 (英印部隊) 兵舎跡 (元は旧陸軍第四十八部隊跡) に移転し、1949年4月には正式に移転を完了した。津島校地は、後身の岡山大学に引き継がれた。

著名な出身者[編集]

関連書籍[編集]

  • 岡山大学創立50周年記念事業委員会記念誌編纂専門委員会(編) 『岡山大学50年小史』 岡山大学、1999年3月。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6110号、昭和22年5月30日。


関連項目[編集]