岡島冠山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡島 冠山(おかじま かんざん、延宝2年(1674年) - 享保13年1月2日1728年2月11日))は、近世の儒学者

長崎肥前国)生まれ。初名は明敬、のち璞(はく)。は援之、のち玉成。通称は弥太夫、長左衛門。始め萩藩の通訳。のち退いて林鳳岡朱子学を学ぶ。江戸で下野足利藩戸田忠囿に仕え、辞して大坂に行き、再び江戸に帰り、京に移り没した。唐話に通じ、杭州音の『唐話纂要』や南京音の「唐話便用』を著す。荻生徂徠と親交があり、『水滸伝』など白話小説の翻訳や唐話の研究を行った。

刊本[編集]

  • 近世白話小説翻訳集 第6-7巻 通俗忠義水滸伝 中村幸彦編 汲古書院 1987

参考[編集]

  • 新潮日本人名辞典