岡崎タワーレジデンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎タワーレジデンス
岡崎公園から見た岡崎タワーレジデンス
岡崎公園から見た岡崎タワーレジデンス
施設情報
所在地 〒444-0059
愛知県岡崎市康生通西三丁目15-7
座標 北緯34度57分31.9秒 東経137度9分38秒 / 北緯34.958861度 東経137.16056度 / 34.958861; 137.16056座標: 北緯34度57分31.9秒 東経137度9分38秒 / 北緯34.958861度 東経137.16056度 / 34.958861; 137.16056
状態 完成
着工 2006年
竣工 2008年2月
用途 マンション集合住宅
地上高
最頂部 105.04m
各種諸元
階数 地上31階、地下2階
敷地面積 4,414.42
建築面積 2,775.59
延床面積 36,199.87
構造形式 鉄筋コンクリート造
戸数 216戸
関連企業
施工 大林組
デベロッパー 名鉄不動産[1]
テンプレートを表示

岡崎タワーレジデンス(おかざきタワーレジデンス)は、愛知県岡崎市康生通西三丁目15-7にある超高層マンション。2008年2月に竣工した。地上31階建てであり、最頂部は105.04メートル。総戸数は216戸。

説明[編集]

かつてこの地には名鉄岡崎ホテルを核とする西三河総合ビルがあった[2]。全国で初めて市街地再開発事業の認定を受けて1973年に開業[2]。建物は地上12階建て・地下2階建ての延床面積30600平方メートルであり、8階から12階にホテルが、下階にはテナントが入っていた[2]。1981年からは、ホテルと並ぶ中核施設として百貨店のメルサが入っていたが、1991年度に約59億円だった売り上げが2000年度には約16億円に減少したこともあり、2001年8月末をもって撤退した[3]。結局名鉄岡崎ホテルは開業から一度も黒字化できず、2004年3月にホテルとしての営業を終了した[1]。累積赤字は23億円に上った[2]

岡崎市がホテル跡地を取得することを検討したものの[4]名鉄不動産は2005年8月、西三河総合ビル跡地に超高層マンション(タワーマンション)の建設を計画した[5]。「トヨタ自動車や関連企業の管理職ら住宅取得者層の需要が見込める」と判断したのである[5]大林組の施工によって岡崎タワーレジデンスが建設された。2006年9月下旬に販売が開始された際には、富裕層を対象とする高層階タイプへの関心が高かった[1]。2008年2月に竣工し、その後入居が開始された。

建物[編集]

地上31階建て・地下2階建て、最頂部の高さは地上105.04メートルであり、三河地方分譲マンションとしてはもっとも高い[1][6]。総戸数は216戸であり[1][6]、最上階は分譲価格が1億円を超えた[6]。31階以上の3戸は約180-220平方メートル、25階から30階の30戸は約130-170平方メートルと広く、富裕層を対象としている[6]。24階以下は約65-100平方メートルの標準的な広さであり、三河地方のサラリーマン家庭や活き生きシニアを対象としている[6]。制震構造や高密度コンクリートを採用している[6]

岡崎市の中心市街地である康生通に面しており、南側には岡崎城がある岡崎公園、西側には岡崎市立中央図書館を核とする岡崎市図書館交流プラザ「りぶら」がある[7]。東側には岡崎タワーレジデンス竣工時に松坂屋岡崎店があったが、2010年1月31日をもって閉店となった。松坂屋岡崎店の跡地には、2015年4月21日にアオキスーパー岡崎康生店が開店している。超高層マンションにはポエミーな宣伝文句が用いられることが多いが、岡崎タワーレジデンスの宣伝文句は「ハイクラス(上質の意味)なアーバンライフ(都市型生活の意味)を実現するエグゼクティブ(高級の意味)なパブリックスペース(公共空間の意味)」であり、マンションポエム界ではマイルドでシンプルな部類に入る。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “岡崎の超高層マンション モデルルーム開設”. 中日新聞. (2006年9月16日) 
  2. ^ a b c d “名鉄岡崎ホテル閉鎖 来年3月 レストランなど継続”. 中日新聞. (2003年9月6日) 
  3. ^ “メルサ岡崎店 8月末撤退 郊外型店進出 売り上げが激減”. 中日新聞. (2001年4月12日) 
  4. ^ “西三河総合ビル 岡崎市が用地取得検討 新図書館など中心市街整備 一体で計画可能に”. 中日新聞. (2004年3月3日) 
  5. ^ a b “岡崎ホテル跡地に 超高層マンション 名鉄不動産が計画”. 中日新聞. (2005年8月2日) 
  6. ^ a b c d e f “超高層マンション 岡崎市に建設開始 名鉄不動産”. 中日新聞. (2006年6月23日) 
  7. ^ “三河一高い超高層マンション「岡崎タワーレジデンス」9月下旬より販売開始/名鉄不動産”. Re Port. (2006年7月7日). https://www.re-port.net/article/news/0000009685/ 2018年7月7日閲覧。