岡崎宏美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡崎 宏美(おかざき ひろみ、1951年6月12日 - )は、日本政治家新社会党所属の元衆議院議員(2期)。新社会党中央執行委員長。

来歴[編集]

兵庫県立明石南高等学校卒業。日本社会党の党員であり、1990年第39回総選挙に旧兵庫1区から立候補しようとしたが、公認を得ることができず、無所属で立候補し初当選した。選挙後に社会党会派入りした。1993年第40回総選挙においても同様に公認を得られず無所属で立候補し再選。

1996年1月1日参議院議員矢田部理らとともに新社会党に参加。その後、社会党を除名された。同年10月の第41回総選挙には比例近畿ブロックの新社会党名簿第1位として立候補したが、落選した。その後の総選挙、参議院選挙でも落選を経験し、原和美ら後進に道を譲る形で新社会党副委員長も辞任したが、政治家としての活動は続けている。

政歴[編集]

過去に経験した役職[編集]

  • 日本社会党中央総支部女性対策部長
  • 新社会党副委員長
  • 新社会党顧問

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入や婚外子差別撤廃など民法改正に賛同。「女性差別撤廃条約も批准された、そして国内でもいろいろな運動も展開された、そしてその中で女性の生き方を束縛するような問題で速やかに解決するべき」と述べている[2]

その他[編集]

  • 選挙などでは「岡崎ひろみ」という表記をよく使っていた。

参考文献[編集]

  • 1998年6月 岡崎ひろみ著『国会に窓はない 土井たか子さんへの訣別宣言』教育史料出版会、ISBN 487652341X

脚注[編集]

  1. ^ 新社会党第22回定期全国大会
  2. ^ 第122回国会 法務委員会 議事録 第2号 平成三年十二月四日(水曜日)
先代:
松枝佳宏
新社会党委員長
5代:2017年 -
次代:
-