岡崎市消防本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎市消防本部
Okazaki City Naka Fire Station 1.jpg
岡崎市消防本部(中消防署)
情報
設置日 1948年3月7日
管轄区域 岡崎市
管轄面積 387.24km2
職員定数 369人[1]
消防署数 3
分署数 2
出張所数 5
所在地 444-0022
愛知県岡崎市朝日町3-4
リンク 岡崎市消防本部
テンプレートを表示

北緯34度57分15.3秒
東経137度10分31.2秒

岡崎市消防出初式
岡崎市消防本部の旧庁舎(1948年3月に設置)

岡崎市消防本部(おかざきししょうぼうほんぶ)は、愛知県岡崎市朝日町にある消防部局(消防本部)。

沿革[編集]

  • 1948年 - 3月7日、岡崎市消防本部岡崎市消防署を設置[2]
  • 1951年 - 消防庁舎を新築。救急業務を開始。
  • 1965年 - 北部出張所を開設。
  • 1966年 - 南部出張所を開設。
  • 1971年 - 東部出張所を開設。岡崎市消防音楽隊が発足。
  • 1973年 - 東部出張所が東分署に昇格。西出張所を開設。南部出張所を南出張所に、北部出張所を北出張所に改称。
  • 1974年 - 西出張所が西分署に昇格。
  • 1977年 - 救助工作車を配備。
  • 1978年 - 9月30日、消防本部新庁舎が竣工。工事の総事業費は7億400万円[3]
  • 1979年 - 北出張所が北分署に昇格。
  • 1980年 - 南出張所が南分署に昇格。
  • 1986年 - 青野出張所を開設。
  • 1992年 - 高規格救急車を配備。
  • 1997年 - 東分署が東消防署に昇格。岡崎市消防署を中消防署に改称。
  • 1998年 - 額田郡額田町の消防事務の受託業務を開始。額田出張所を開設。(額田町は2006年に岡崎市へ編入合併)
  • 1999年 - 花園出張所を開設。
  • 2002年 - 西分署が西消防署に昇格。
  • 2004年 - 福井豪雨災害に緊急消防援助隊を派遣する。
  • 2005年 - 本宿出張所を開設。
  • 2009年 - 形埜出張所を開設。高度救助隊「岡崎スーパーレスキュー」発隊。
  • 2011年 - 東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災緊急消防援助隊を派遣する。
  • 2013年 - 3月18日、総務省消防庁より、全国で1台の緊急消防援助隊車両「全地形対応車両」(レッドサラマンダー)が貸与される[4]
  • 2017年 - 6月21日、市東部の額田地区で土砂災害発生の危険が高まったことにより、「全地形対応車両」が初出動した[5]
  • 2017年 - 7月15日、九州地区での大雨災害に伴い、緊急消防援助隊が出動。「全地形対応車両」が緊急消防援助隊として大分県日田市へ出動し[6]、「全地形対応車両」が初めて災害救助活動に投入された[7]
  • 2018年 - 7月7日、総務省消防庁の要請により、「全地形対応車両」を含む緊急消防援助隊が岡山県倉敷市へ出動[8]

組織[編集]

  • 本部 - 総務課、予防課、消防課、通信指令室
  • 消防署

主力機械[編集]

以前は車両のシャーシの多くが三菱ふそうトラック・バス製のものが使用されていたが(市内に三菱自動車工業の開発、製造拠点があったため)、今は三菱が消防車専用シャーシを製造していないため、新規車両は日野製が中心となっている。

2007年4月1日現在

総務省消防庁貸与車両[編集]

緊急消防援助隊の登録をしており、総務省消防庁から支援車I型および全地形対応車両「レッドサラマンダー」および「レッドサラマンダー」用の輸送車両の貸与を受けている。

レッドサラマンダー[編集]

全地形対応車両(レッドサラマンダー)
Red-Salamander-1.jpg
乗車定員 前4人+後6人、計10人[9]
駆動方式 クローラ方式[9]
最高出力 224kw/2200rpm[9]
全長 8.72m[9]
全幅 2.26m[9]
全高 2.66m[9]
車両重量 12.13t[9]
排気量 7.24L[9]
最高速度 50km/時(舗装路)[9]
-自動車のスペック表-

レッドサラマンダーはSTエンジニアリングのExtremVをモリタが日本の国内法に合致するように小改修した車両である。日本では大型特殊自動車に分類される。

無限軌道を備えた連接型の車両であり、60センチの段差や水深1・2メートルまで走行でき荒れ地や雪上、がれき、浸水地域などのあらゆる災害現場に人や物資を運搬する事ができる。東日本大震災の教訓から総務省消防庁では緊急消防援助隊用の「全地形対応車」として、1台購入し、岡崎市消防本部に配備した。理由として「東日本・西日本のどちらの方向にも出動できること」、「南海トラフ大地震等の被災を受けにくいこと」を挙げているが、このほか近隣に航空自衛隊小牧基地があり、さらに小牧基地にはレッドサラマンダーを輸送可能な輸送機を所有する部隊がいるため、災害時に空輸および緊急展開が可能という点も挙げられる。

緊急消防援助隊用車両であるため訓練以外の出動実績が長らくなかった。2016年には運用規約を改めて岡崎市消防本部管内で土砂災害が発生する恐れがある場合、出動が可能となった。同年6月21日、市東部の額田地区で土砂災害発生の危険が高まったことにより初出動した[5]。なお、この時は警戒出動のため、実戦投入は行われなかった。

2017年7月の九州北部豪雨で、レッドサラマンダーが緊急消防援助隊として初出動・初実戦投入された。大分県日田市に出動し、孤立地域への消防隊員の輸送等に従事した[7]

2018年7月の西日本豪雨で2度めの出動となり、岡山県倉敷市へ派遣された[8]

消防署[編集]

消防署 住所 分署 出張所
中消防署 朝日町3-4 北:井ノ口町字楼65 花園:仁木町字川越254
東消防署 岡町字下河原25-4 南:中田町2-2 青野:下青野町字宮東49
額田:樫山町字山ノ神21-12
本宿:本宿町字西片山30-1
形埜:鍛埜町字中切22-6
西消防署 暮戸町字元社口42 なし なし

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成27年 消防年報 | 岡崎市ホームページ
  2. ^ 東海新聞社編纂『岡崎市戦災復興誌』岡崎市役所、1954年11月10日、1207頁。
  3. ^ 東海愛知新聞』1977年10月1日、1面、「きょう正午から業務 岡崎市消防新庁舎完工式 「防災の像」など除幕」。
  4. ^ 市政だより「おかざき」 平成25年12月1日号
  5. ^ a b 佐藤浩太郎「岡崎市消防のレッドサラマンダー 『初出動』も無事 出番なし」 『中日新聞』2017年6月22日付朝刊、西三河版、17面。
  6. ^ 岡崎配備のレッドサラマンダーが大分に出動 - CBCテレビ(Yahoo!ニュース)
  7. ^ a b 日本に1両しかない「レッドサラマンダー」被災地に出動 救援活動に期待 - SankeiBiz(2017年7月7日)
  8. ^ a b “大雨 全国唯一の特殊車両「レッドサラマンダー」現地に”. NHK. (2018年7月7日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180707/k10011520301000.html 2018年7月7日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i 総務省消防庁から全地形対応車両が配備されました (PDF)”. 岡崎市消防本部. p. 1. 2018年7月11日閲覧。

関連項目[編集]