岡崎市立広幡小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎市立広幡小学校
岡崎市立広幡小学校
過去の名称 愛知県額田郡第十六番小学八幡学校
愛知県額田郡伊賀村尋常小学伊賀学校
愛知県額田郡広幡町立伊賀尋常小学校
広幡尋常高等小学校
岡崎市立広幡尋常高等小学校
岡崎市広幡国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岡崎市
設立年月日 1874年(明治7年)4月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 444-0066
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

岡崎市立広幡小学校(おかざきしりつ ひろはたしょうがっこう)は、愛知県岡崎市公立小学校

概要[編集]

岡崎市広幡町に位置する小学校。1874年(明治7年)4月に創立した。

卒業生は2つの中学校に別れて進学する。下記の学区のうち、伊賀町と伊賀新町と井田町を除く区域は、連尺小学校とともに岡崎市立城北中学校の学区を構成する。伊賀町、伊賀新町、井田町は、井田小学校愛宕小学校とともに、岡崎市立葵中学校の学区を構成する。

2013年(平成25年)5月1日時点の児童数は、667名。通常学級20クラス、特別支援学級2クラス[1]

学区[編集]

町名 進学先
葵町、井田新町、井田西町、井田南町、柿田町、錦町、日名北町日名中町、日名西町、日名本町、日名南町広幡町、福寿町、松本町、元能見町 城北中学校
伊賀町 (130番地~428番地・438番地4・439番地1・440番地1~448番地1)、伊賀町字2丁目、伊賀町字7丁目、伊賀町字下河原、伊賀町字西郷中、伊賀町字東郷中、伊賀新町(1番地1~1番地7・2番地3・2番地4・3番地1~4番地4・6番地1~8番地13・16番地1~19番地16・126番地~128番地・132番地~134番地)井田町(549番地1~564番地2・565番地1・565番地6・565番地9・565番地10・565番地11・565番地12・571番地1・571番地2・572番地)、井田町字山王、井田町字寺前(11番地1~24番地2)、井田町字中屋敷(45番地~51番地1・51番地5・69番地1)、井田町字南(36番地1・36番地5~36番地9・38番地2・38番地3)、井田町字宮ノ腰(6番地1~10番地4・13番地2・14番地1・14番地2・27番地1・27番地3~28番地1) 葵中学校

沿革[編集]

  • 1874年(明治7年)4月 - 額田郡第十六番小学八幡学校創立。
  • 1887年(明治20年)4月 - 額田郡伊賀村尋常小学伊賀学校と改称。
  • 1895年(明治28年)5月 - 広幡村が広幡町となり額田郡広幡町立伊賀尋常小学校と改称。
  • 1907年(明治40年)4月 - 高等科(修業年限4年)増設に伴い広幡尋常高等小学校と改称。
  • 1916年(大正5年)10月 - 市制施行により岡崎市立広幡尋常高等小学校と改称。
  • 1919年(大正8年)11月 - 新校舎へ移転し伊賀川の川床を整地し現在地に設立
  • 1935年(昭和10年) - 男子145名と女子173名が愛宕へ転校。
  • 1941年(昭和16年) - 国民学校令施行で岡崎市広幡国民学校と改称。
  • 1947年(昭和22年) - 岡崎市立広幡小学校と改称。
  • 1951年(昭和26年) - 岡崎市立井田小学校を分離。
  • 1987年(昭和62年) - 全日本学校環境緑化コンクール 文部大臣賞受賞。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]