岡崎市竜美丘会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎市竜美丘会館
岡崎市竜美丘会館
情報
用途 ホール、集会室
設計者 株式会社石本建築事務所名古屋出張所[1]
施工 小原建設株式会社(主体工事)
管理運営 岡崎パブリックサービス・サンエイ共同事業体
構造形式 鉄筋コンクリート構造
敷地面積 4,907  m²
建築面積 2,609  m²
階数 2階(ホール)
5階(本館)
着工 1979年3月
竣工 1980年3月1日
開館開所 1980年3月1日
所在地 444-0863
愛知県岡崎市東明大寺町5番地1
座標 北緯34度56分49.78秒 東経137度10分35.97秒 / 北緯34.9471611度 東経137.1766583度 / 34.9471611; 137.1766583座標: 北緯34度56分49.78秒 東経137度10分35.97秒 / 北緯34.9471611度 東経137.1766583度 / 34.9471611; 137.1766583
テンプレートを表示

岡崎市竜美丘会館(おかざきし たつみがおかかいかん)は、愛知県岡崎市東明大寺町にある公共の文化施設。

概要[編集]

ホール棟
レストラン・ローレライ

ホール棟と本館棟の2つの建物に分かれる。国際児童年(International Year of the Child)記念事業として、1979年3月末に着工した[2]。ホール棟の総事業費6億4,000万円のうち、1億円はマキタ元会長の後藤十次郎の寄付で、200万円は社会福祉法人米山寮の創設者の米山起努子の寄付でまかなわれた[1]

ホール棟は1980年3月1日に完工、オープン[3]。本館棟は1982年4月23日にオープンした。本館棟の総事業費は約8億6,000万円[4]乙川の川沿いの道と車道(竜美丘会館通り)に高低差があるため、車道から入った階がすなわち2階である。

一般社団法人岡崎パブリックサービスとサンエイ株式会社の共同事業体が、指定管理者として管理運営にあたっている。

利用時間は9:00~21:30(準備・片付けを含めた利用時間は、8:30~22:30)。休館日は12月29日から1月3日まで。

施設の案内[編集]

ホール
区分 備考
2F ホール 2階固定椅子188席
1F 1階移動椅子820席
本館
区分 備考
5F 501号室 (85名) 502号室 (20名) 503号室 (12名)
4F 末広の間 (108名) 福寿の間 (10名) 蓬菜の間 (6名)
3F 301号室 (72名) 302号室 (30名) 303号室 (30名)
2F レストラン・ローレライ (100名) 営業時間は9:30~17:30
1F 駐車場 約180台

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『東海愛知新聞』1980年2月21日、1面、「三月一日にオープン 岡崎市竜美丘会館ホール完成」。
  2. ^ 東海愛知新聞』1980年1月1日。
  3. ^ 『市政だより おかざき』1980年2月15日号。
  4. ^ 『東海愛知新聞』1982年4月20日、1面、「『国際会議場』や和室 岡崎市の竜美丘会館 本館、23日オープン」。

関連項目[編集]