半保護されたページ

岡崎律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

岡崎 律子
出生名 同じ
別名 森野律
生誕 (1959-12-29) 1959年12月29日
出身地 日本の旗 日本 長崎県西彼杵郡高島町(現在の長崎市
死没 (2004-05-05) 2004年5月5日(44歳没)
ジャンル J-POP
アニメソング
職業 作曲家
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ピアノ
キーボード
シンセサイザー
活動期間 1985年 - 2004年
レーベル トーラスレコード
(1993年 - 1996年)
キングレコード / スターチャイルド
(1997年 - 2004年)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
(1999年)
共同作業者 メロキュア
公式サイト 岡崎律子 公式ホームページ
『 岡崎律子Book 』

岡崎 律子(おかざき りつこ、1959年12月29日 - 2004年5月5日)は、長崎県西彼杵郡高島町端島(現:長崎県長崎市)出身の日本作曲家シンガーソングライター

生涯

岡崎孝雄・輝子夫妻の次女として出生。小学校3年生の時まで端島(軍艦島)に居住していたことで知られるが、父親の孝雄は若くして三菱鉱業の幹部職員であったため、岡崎家は幹部職員用の3号棟に居住していた。3号棟は集合住宅の中では各部屋に内風呂と固定電話を有する唯一の建物であった。このころは個人宅への固定電話の敷設がまだ一般的ではなかったため、当時の生活水準で考えれば律子は比較的裕福な家庭で育った。島内の学校である高島町立端島小学校で一時期を過ごしたが、一家は端島が閉山するのを待たずに東京に転居した[1]。高校1年の時に中学からの親友2人と共にバンド『エレナー』を結成し、3人で音楽活動を始める。当時の担当はピアノ、コーラスだった[2]

都内の短期大学[3]を卒業後、就職してOL生活をしていた[4]が、程なく退職して音楽業界に入る。音楽業界に入った後に「森野律」などの名義でコマーシャル音楽などを手がけたり、アーティストに楽曲を提供していた。OVA1月にはChristmas』主題歌「冬のないカレンダー」で、歌手の「岡崎律子」としてトーラスレコード[5]からデビュー声優林原めぐみはこの『1月にはChristmas』が岡崎との出逢いの作品だったと語っている。

大月俊倫が上述の『1月にはChristmas』の主題歌である「冬のないカレンダー」をきっかけに岡崎を気に入っていたことや、林原をはじめとする多くの女性声優に楽曲を提供していたことなどの縁もあり、晩年はスターチャイルドに移籍した。テレビアニメ魔法のプリンセス ミンキーモモ』イメージソング「4月の雪」「約束」を担当。歌手活動と並行して、ラジオエッセイなどで活躍したり、アニメゲーム作品や声優の曲を数多く手がけている。日向めぐみとのユニット「メロキュア」も、広く注目を得る。ヤマハ音楽教室のピアノエレクトーン教室の音楽教材にも、曲をいくつか提供しており、音楽教室の生徒向け教材CDに収録されている。この縁故により、岡崎が使用する楽器の多くはYAMAHA製品となっている。

2004年5月5日敗血症性ショックのため死去[6]。44歳没。

その死後、2003年春にスキルス性胃癌を発病して、闘病生活を送りつつ創作活動を続けていたことが明らかになった。遺作となった『for RITZ』は制作途中であったが、哀悼の意味から発表時にタイトルが変更された。同アルバムには、本番収録が間に合わずテスト状態で収録された曲もある。

備考・エピソード

  • 本人はホームページにて左利きであることを公表しているが、筆書きの利き手は右である。これは右利きに拘る母親によって小学校入学時に矯正されたためである。アルバム『life is lovely.』のブックレットにも右手にペンを持つ写真が載っている。
  • 本人は公式サイトにおいて自身のことを「海に囲まれた島の野生児」と称しているが、実際は幼少時から美少女だった。中学1年の時点で身長が140cm未満と非常に小柄な上に童顔だったこともあり、かなりモテたようである。そのため、短大時代には「パンが好きだから」という理由でパン屋のアルバイトをしていたが、岡崎目当てに来店する客がかなり多かったらしく、アルバイト先のパン屋はかなり繁盛した。また、パン屋のアルバイトは肌に合っていたようでスライスなども任されており、購買客のリクエストに応じて厚薄自在にスライスするなど、サービス精神も旺盛だったという。
  • 死去する2ヶ月前の闘病生活中に撮影され、死去後に讀賣新聞にて掲載された、ギターを抱えたジャージ姿の写真がよく知られているが、写真の中で抱えているギターはこの時の写真撮影用に用意された物であり、岡崎本人は実際にはギターを弾くことはできなかったという(ピアノなどの鍵盤楽器に専念し、ギターなどの弦楽器は演奏技能を習得しなかったため)。
  • 学生時代には部活動バドミントンを嗜んでいた。これは、生前に交友のあった林原めぐみと同じである。
  • 交流のあった芸能関係者[7]以外では一部の例外[8]を除き、親族の意向により墓所は一般公表されていない。
  • 出演していたラジオ番組『メロキュアの沈黙のradio』で、岡崎は死去する数ヶ月前に「新曲の創作に専念したいので、しばらくお休みします」と番組内で発表し、番組への出演を見合わせることになったが、これは上述のスキルス性胃癌の治療で入院するためだった。岡崎が事実と異なる休演理由を発表したのはファンや関係者を心配させないためであった。そのため、小森・林原・日向などの特に親しい関係者でさえ岡崎が病気で入院している事実を知らなかった。しかし、母親の輝子は律子の死去後、讀賣新聞からの取材に対し「病室にも機材等を持ち込んで新作創作にも意欲的に取り組んでいた」と述べており、入院中も新曲の創作に励んでいたこと自体は事実である。
  • 公式サイトは親族の意向により、今後も削除することなく永続的に保存することが決まっている。
  • 親友2人と結成したアマチュアバンド『エレナー』は岡崎亡き現在も解散していない。1人はシャンソンの分野で現在も音楽活動を継続している。もう1人は大学卒業後に音楽活動を離れて中学校の教職(担当教科は英語)に就いたが、現在は時間が取れる時にもう1人の出演する音楽活動にゲストという形で参加することがある。

作品

シングル

発売日 タイトル c/w 規格品番
トーラスレコード
1st 1993年3月3日 悲しい自由 恋が、消えてゆく TADX-7358
2nd 1994年2月23日[9] 最愛 12月の雪の日 TADX-7372
3rd 1994年9月16日 長距離電話 Girlfriend TADX-7394
4th 1996年1月25日[10] リグレット-恋人なら- 4月の雪 TADP-1005
5th 1996年8月25日 A Happy Life 〜ハミング〜 TADP-1011
6th 1997年11月24日[11] Rain or Shine-降っても晴れても- White Land TADT-1002
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
7th 1999年12月8日 アクアボニスト (L'aquoiboniste)[12] Moonshadow PHDL-1204
キングレコード / スターチャイルド
8th 2001年7月25日 For フルーツバスケット[13] 小さな祈り KICM-3014
9th 2002年10月23日 Morning Grace/私の愛は小さいけれど KICM-3037

アルバム

発売日 タイトル 規格品番
トーラスレコード
1st 1993年3月24日 Sincerely yours, TACX-2391
2nd 1994年3月23日 Joyful Calendar TACX-2420
キングレコード / スターチャイルド
3rd 1997年8月21日 Ritzberry Fields KICS-639
4th 1998年11月6日 おはよう KICS-703
5th 2001年12月16日 ラブひな OKAZAKI COLLECTION KICA-563
6th 2003年2月5日 life is lovely. KICA-591
7th 2004年12月29日 for RITZ KICS-1089

ミニアルバム

発売日 タイトル 規格品番
トーラスレコード
1st 1996年5月25日 A Happy Life TACP-1004

ベストアルバム

発売日 タイトル 規格品番
ニュートーラス
1st 1997年10月25日 Rain or Shine TACP-1008
ユニバーサルミュージック
2nd 2005年5月5日 Love&Life〜private works 1999-2001〜 UPCH-1405

タイアップ曲

楽曲 タイアップ 時期 収録作品
A Happy Life テレビ東京系『情報!ソースが決め手』エンディングテーマ 1995年 シングル「A Happy Life」
〜ハミング〜 テレビ東京系『NEWSモーニングJAM』コーナーソング
Rain or Shine-降っても晴れても- TBS系『黄金のレシピ』エンディングテーマ 1996年 シングル「Rain or Shine-降っても晴れても-」
Moonshadow TBS系『チープ・ラブ』挿入歌 1999年 シングル「アクアボニスト (L'aquoiboniste)」
For フルーツバスケット テレビ東京系アニメ『フルーツバスケット』オープニングテーマ 2001年 シングル「For フルーツバスケット
小さな祈り テレビ東京系アニメ『フルーツバスケット』エンディングテーマ
Morning Grace アニメ『プリンセスチュチュ』オープニングテーマ 2002年 シングル「Morning Grace/私の愛は小さいけれど」
私の愛は小さいけれど アニメ『プリンセスチュチュ』エンディングテーマ

提供

作詞・作曲・歌唱/歌唱

アニメ
ゲーム

作詞・作曲

アニメ
ゲーム
  • シンフォニック=レイン
    • 空の向こうに
    • I'm always close to you
    • 秘密
    • いつでも微笑みを
    • 雨のmusique
    • メロディー
    • リセエンヌ
    • Hello!
    • fay
    • 涙がほおを流れても
ラジオ
歌手
  • ひ・ま・わ・り
    • 長距離電話
    • クラス会
声優

作曲

アニメ
ゲーム
  • 3×3EYES
    • Holy Eyes 〜君の夢はぼくの夢〜
歌手
  • ひ・ま・わ・り
    • さよならの雨
  • BaBe
    • さよならのScene
声優
  • 小森まなみ
    • マリン・マリン・マリン
    • Heart Beat
    • かなしいうさぎ
    • 素顔のアリス
    • オリオンの下で逢いましょう
    • Little Courage 〜うちへおいでよ〜
    • 三月白書
    • 君に逢えてボクはボクになる
    • Presage
    • 青空のパッセージ
    • 桜の下で
  • 林原めぐみ
    • あの頃
  • 飯塚雅弓
    • ごめんね
  • 井上喜久子
    • みずうみ

作詞

アニメ
声優

出演

ラジオ

テレビ

脚註

  1. ^ この頃の経歴については幾人かの元同級生の証言に喰い違いがある。ある元同級生は「一緒に小学校に入学した」と証言している一方、別の元同級生は「小学3年生の頃に島外から転校してきた」と証言している。また、「小学生のうちに転校していった」と証言する元同級生や「中学1年(端島中学)の途中で転校していった」と証言する元同級生もいるため、判然としない。ただし、本人は公式サイトで小学校から中学校の間に2度の転校を経験していることを明かしており、1度目の転校は「小学校3年の時に長崎から東京」だった旨を書いている。
  2. ^ なお、『エレナー』のメンバーのうちの1人は「中学1年の時に自分の学校に転入してきた」と証言しているため、岡崎本人の証言を前提に時系列で整理すると、エレナーのメンバーが証言した時の転校(転入)は2度目だったことになる。
  3. ^ 出身先の小学校・中学校・高校・短大については、前述の端島小学校の在籍歴を除き、親族の意向により非公表。
  4. ^ 就職していた企業は現在では日本を代表する規模に成長した某大手企業であるが、一部の関係者を除き、親族の意向で非公表となっている。
  5. ^ その後、会社自体がポリグラム(現在はユニバーサルミュージック)に編入された。
  6. ^ アニメソングで活躍、岡崎律子さん死去 夕刊フジ 2004年5月12日閲覧
  7. ^ 例として小森まなみ林原めぐみ日向めぐみといった、音楽活動を通して交流があった者や、その周辺スタッフなど。
  8. ^ プライベートな友人、知人、学生時代の同級生、親族が特例として認定した一部のファンなど。
  9. ^ taurus MusicBrainz検索データより
  10. ^ TSUTAYA検索データより
  11. ^ taurus MusicBrainz検索データより
  12. ^ ジェーン・バーキン無造作紳士」(原題: L'aquoiboniste)の日本語カバー。
  13. ^ この頃はシングルCDが8cm型から12cm型に移行する期間であり、12cm用のケースに8cmCDで納められている。