岡崎正孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡崎正孝(おかざき しょうこう、1935年3月8日[1]- )は、ペルシア文学者、イラン研究者、大阪外国語大学名誉教授。

福井県出身。京都大学大学院東洋史学科修士課程修了。アジア経済研究所、大阪外国語大学助教授、教授、2000年定年退官、名誉教授[2]

著書[編集]

  • 『基礎ペルシア語』大学書林 1982
  • 『ペルシア語基礎1500語』編 大学書林 1982
  • 『ペルシア語常用6000語』編 大学書林 1987
  • 『カナートイランの地下水路』論創社 1988
  • 『やさしいペルシア語読本 イランの歴史』大学書林 1990

共編[編集]

  • 『イラン その国土と市場』根岸富二郎共編 科学新聞社出版局 海外市場調査シリーズ 1981
  • 『中東世界 国際関係と民族問題』編 世界思想社 1992

翻訳[編集]

  • ロマン・ギルシュマン『イランの古代文化』岡崎敬,糸賀昌昭共訳 平凡社 1970
  • アンK.S.ラムトン『ペルシアの地主と農民 土地保有と地税行政の研究』岩波書店 1976
  • J.モーリア『ハジババの冒険』江浦公治,高橋和夫共訳 平凡社東洋文庫 1984
  • M.M.アフサン『イスラム教のお祭り』同朋舎出版 シリーズ世界のお祭り 1989

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『ハジババの冒険』新版訳者紹介