岡崎電気軌道200形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
200形202
拡大

Clip
200形202

岡崎電気軌道200形電車(おかざきでんききどう200がたでんしゃ)は、岡崎電気軌道が新製した木造四軸ボギー車

概要[編集]

  • 郊外線の大樹寺 - 三河岩脇間(後の名鉄挙母線)、および三河岩脇 - 門立間(門立支線)の開業に際して、1924年大正13年)に201・202の2両が日本車輌製造で新製された。ボギー車であり、木造シングルルーフ構造で正面5枚窓の車体を持ち、同時期に製造された美濃電気鉄道DB505形(名鉄モ520形)や各務原鉄道K1-BE形(名鉄モ450形)とよく似た外観であった。
  • 1927年(昭和2年)、岡崎電気軌道は三河鉄道に合併する。1929年(昭和4年)に大樹寺 - 三河岩脇間の架線電圧が600Vから1500Vに昇圧されたため、600V用の本形式は行き場を失い、救助網などを取り付ける改造を受け、岡崎市内線で運用された。1938年(昭和13年)に201が電装解除され付随車化、サハフ45となっている[1]
  • 1941年(昭和16年)、三河鉄道の名古屋鉄道への合併に伴い、202はモ460形461、サハフ45はサ2110形2111と改称・改番された。461は平坂支線専用車両として使用されたが、1960年(昭和35年)、平坂支線廃止とともに廃車された。2111は築港線で客車として使用された後、1960年(昭和35年)頃に廃車された。

主要諸元[編集]

1944年時点のモ460形の諸元

  • 全長:12,624mm
  • 全幅:2,591mm
  • 全高:3,724mm
  • 自重:24.0t ※サ2110は18.0t
  • 定員:70
  • 座席数:42

脚注[編集]

  1. ^ 清水武ほか『名古屋鉄道車両史上巻』