岡崎静夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎 静夏
2016年撮影
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-06-12) 1992年6月12日(26歳)
神奈川県横浜市
現在のチーム UQMobile&Kohara RT
ゼッケン 6
ウェブサイト 公式ブログ

岡崎 静夏(おかざき しずか、1992年6月12日 - )は、神奈川県横浜市出身のモーターサイクルロードレースレーサー。コハラレーシング[1]に所属している。産業能率短期大学経済学科[2]

概要[編集]

10歳の時に、3歳年下の弟の影響でポケバイレースに出場したことがレースを始めたきっかけだという[3]2007年日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の主催する「ロードレースアカデミー」に入学して本格的にバイクレースの世界に入る。

2009年2010年と2年連続でMFJ主催の女性限定レース・MFJレディースロードレースでシリーズチャンピオンを獲得。2009年度もてぎロードレース選手権GP-MONOクラスのランキングにより国際ライセンスに昇格。2010年からは全日本ロードレース選手権・GP-MONOクラスにステップアップした。2012年からJ-GP3クラスにステップアップし、5シーズン目。レース最高位は6位(2016年・筑波サーキット

デビュー当時は「現役女子高生ライダー」だったことからメディアからの注目も高く、『モーターサイクリスト』(八重洲出版)・『ヤングマシン』(内外出版)等のバイク雑誌にて連載を担当したことがあるほか、『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ[4]や『大人のバイク時間 MOTORISE』(BS11[5]などへの出演経験もある。

2016年にはロードレース世界選手権シリーズの第15戦日本グランプリMoto3クラスに主催者推薦枠として出場、女性ライダーが出場するのは井形とも以来21年ぶりである[6][7]

戦績[編集]

  • 2009年 MFJレディースロードレース シリーズチャンピオン
  • 2010年 MFJレディースロードレース シリーズチャンピオン
    全日本ロードレース選手権 GP-MONO ランキング19位
  • 2011年 アジア国別対抗ロードレース選手権
    開幕戦(インド)第1レース:12位、第2レース:10位[8]
    第2戦(日本)予選:5位、決勝:DNS[9]
  • 2012年全日本選手権J-GP3 ランキング31位
  • 2013年全日本選手権J-GP3 ランキング30位
  • 2014年全日本選手権J-GP3 ランキング22位
  • 2015年全日本選手権J-GP3 ランキング13位
  • 2016年全日本選手権J-GP3 ランキング6位
  • 2016年ロードレース世界選手権Moto3クラス第15戦参戦し26位 UQ & Teluru Kohara RT Honda NSF250R
  • 2017年全日本選手権J-GP3 ランキング15位

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]