岡本仁 (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡本 仁(おかもと じん、1936年6月19日 -2018年9月17日 )は、日本の音楽家指揮者である[1][2]

略歴[編集]

  • 1936年 - 神奈川県横浜市に生まれる。
  • 1955年 - 神奈川県立鶴見高等学校卒業。
  • 1955年 - 国立音楽大学教育科入学。
  • 1959年 - 同大学卒業、引き続き同学作曲科3年に学士入学。
  • 1959年 - 群馬交響楽団指揮者。
  • 1962年 - 国立音楽大学講師。
  • 1968年 - 東京交響楽団を指揮して公式デビュー(ワーグナー、ラヴェル、ブラームス)
  • 1971年 - 渡欧。イギリス、イタリア、スイス、ドイツ、オランダ等。
  • 1973年 - コンサートforファミリー協会設立。
  • 1974年 - 二度目の渡欧。主としてイギリス。
  • 1975年 - TBSテレビ番組「みんなで歌おう」の司会。
  • 1977年 - (財)日本レクリエーション協会理事。
  • 1981年 - 教育研究財団「アカデミア・アトラス」専務理事。
  • 1983年 - くにたちカンマーコールと共にアメリカ各地で公演。
  • 1984年 - 国立音楽大学助教授を辞任。
  • 1986年 - TBSこども音楽コンクール文部科学大臣賞選考委員。
  • 1987年 - 国鉄民営化に際し,JR東京駅コンサート(駅コン)音楽監督。
  • 1988年 - 政府の国際交流派遣によりブラジル各地を歴訪。
  • 1996年 - 東京慈恵会医科大学客員教授。
  • 1999年 - 多年にわたる社会教育振興の功績により、社会教育功労者として政府より表彰を受く。
  • 2007年 - 教育音楽学会発足に際し会長に就任。

脚注[編集]

  1. ^ 教育音楽学会. “会長プロフィール”. 2015年1月8日閲覧。
  2. ^ 岡本仁公式webサイト. “プロフィール”. 2015年1月8日閲覧。