岡本伊三美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本 伊三美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1931-02-26) 1931年2月26日(89歳)
身長
体重
173 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴
監督・コーチ歴

岡本 伊三美(おかもと いさみ、1931年2月26日[1] - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・コーチ監督解説者

次女は元プロテニスプレイヤーの岡本久美子

経歴[編集]

中学まではバスケットボールの選手だったが、京都市立第一工業高校時代に野球へ転向。

高校卒業後の1949年南海ホークスへテスト生として入団[1]。高校時代のチームメイトに種田訓久(後に南海で共にプレー)がいる。1950年に一軍に上がり、1951年はシーズン終盤の9試合に二塁手として先発出場、また南海土建に出向という形で社会人野球でもプレーした。

1952年には兼任監督の山本一人の後継と目され[2]、7月からは二塁手の定位置を獲得。打率.299(リーグ9位)の好成績を記録し、初のベストナインに選出された。1953年には中西太堀井数男との接戦を制し、打率.318で首位打者を獲得[3]、19本塁打を放ちチームのリーグ3連覇に貢献する。同年のリーグMVPにも輝いた。1954年には森下正夫に二塁手を任せ、開幕から右翼手に回る。しかし翌1955年は二塁手に戻り、二番打者としてチャンスメーカーの役割を果たした。蔭山和夫飯田徳治木塚忠助と共に100万ドルの内野陣と呼ばれ[1]、南海の黄金時代を担った。1959年までレギュラーを守るが、1960年には半田春夫に定位置を譲る試合が多くなり、1961年は故障で欠場。翌年から復帰するが1963年限りで引退した。

巨人との5回の日本シリーズに出場し、1959年に初めてチーム日本一を果たす。1951年の日本シリーズは代走のみの起用に終わり、1952年の日本シリーズは21打数5安打、1953年の日本シリーズは27打数6安打と精彩を欠く。1955年の日本シリーズは第1戦で3安打と気を吐くが、第2戦で死球を受けてから不振に陥り、その後はわずか2安打に終わった。しかし1959年日本シリーズ第1戦では4打数4安打3打点を記録[1]し、別所毅彦から2打席連続で本塁打を放つ[4]など活躍、同シリーズの技能賞を獲得した。

引退後は、南海(1964年1968年 - 1969年一軍コーチ, 1965年二軍コーチ, 1970年 - 1972年二軍監督)サンケイ1966年 - 1967年一軍打撃コーチ)、阪神1973年一軍コーチ, 1974年ヘッドコーチ)、近鉄1982年 - 1983年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1987年監督, 1996年 - 1998年常務取締役編成担当, 1999年 - 2001年専務取締役球団代表)で監督・コーチ・フロントを歴任。阪神コーチ退任後はフジテレビ関西テレビ野球解説者(1975年 - 1981年)、近鉄監督退任後は朝日放送サンテレビ野球解説者(1988年 - 1995年)を務めた。

現在は、全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ)常務理事を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 南海 13 14 14 2 2 0 0 0 2 0 1 1 0 -- 0 -- 0 5 0 .143 .143 .143 .286
1951 75 79 74 10 15 5 0 1 23 11 7 2 2 -- 3 -- 0 9 4 .203 .234 .311 .545
1952 104 335 304 44 91 11 5 11 145 57 33 12 9 -- 21 -- 1 35 7 .299 .347 .477 .824
1953 116 501 450 71 143 26 0 19 226 77 30 16 12 -- 34 -- 5 45 8 .318 .372 .502 .874
1954 131 530 469 63 118 20 1 19 197 63 24 9 12 7 37 -- 2 72 10 .252 .309 .420 .729
1955 136 585 521 92 132 30 2 18 220 65 37 5 17 1 43 0 0 71 10 .253 .310 .422 .733
1956 124 498 428 57 99 19 2 9 149 36 18 10 15 3 50 1 1 49 7 .231 .313 .348 .661
1957 117 471 417 60 114 25 4 19 204 56 9 8 7 1 40 2 5 48 7 .273 .344 .489 .833
1958 119 472 417 47 103 18 2 10 155 61 11 3 9 3 42 1 1 45 11 .247 .317 .372 .689
1959 120 426 380 44 99 21 3 10 156 51 5 4 8 2 33 2 2 40 5 .261 .323 .411 .733
1960 96 249 208 18 35 8 0 4 55 10 3 2 8 1 32 0 0 29 9 .168 .279 .264 .544
1962 84 233 209 19 54 10 0 3 73 21 4 2 3 2 18 0 1 34 4 .258 .320 .349 .669
1963 54 74 70 9 13 1 0 2 20 5 0 0 1 0 3 0 0 14 2 .186 .219 .286 .505
通算:13年 1289 4467 3961 536 1018 194 19 125 1625 513 182 74 103 20 356 6 18 496 84 .257 .321 .410 .731
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1984年 昭和59年 近鉄 4位 130 58 61 11 .487 16.5 174 .257 4.36 53歳
1985年 昭和60年 3位 130 63 60 7 .512 15.5 212 .272 5.10 54歳
1986年 昭和61年 2位 130 66 52 12 .559 2.5 183 .271 4.34 55歳
1987年 昭和62年 6位 130 52 69 9 .430 21.5 135 .270 4.22 56歳
通算:4年 520 239 242 39 .497 Aクラス2回、Bクラス2回
※1984年から1996年までは130試合制

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1959年7月5日 ※史上49人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 20(1949年) ※当時の南海は二軍番号制を敷いていた[5]
  • 44(1950年 - 同年途中)
  • 24(1950年途中 - 1965年)
  • 30(1966年 - 1967年)
  • 60(1968年 - 1972年)
  • 74(1973年 - 1974年)
  • 72(1982年 - 1987年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

著書[編集]

  • いま全力―野球人生40年から(浪速社 1990/12)
  • 「岡本、少しは野球 面白ぅなってきたか」 ―名将・鶴岡一人に学んだこと(SIC 2011/9/22)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 週刊ベースボール2012年7月16日号 P79
  2. ^ “ホークスの歩み(1952年)”. 福岡ソフトバンクホークス. https://www.softbankhawks.co.jp/ocms/pc/team/history/vol03.html 2020年3月27日閲覧。 
  3. ^ “ホークスの歩み(1953年)”. 福岡ソフトバンクホークス. https://www.softbankhawks.co.jp/ocms/pc/team/history/vol04.html 2020年3月31日閲覧。 
  4. ^ 大阪日刊スポーツ編著『感涙!ナニワ野球伝説』朝日新聞出版、2011年、P70
  5. ^ 福岡ソフトバンクホークス 二軍番号(背番号Maniax)
  6. ^ 朝日新聞・東京版。1988年4月22日、32ページ、テレビ欄。この時はサンケイ時代の教え子である武上四郎との2人解説。
  7. ^ 1975年9月まで広島テレビは日本テレビ系列とフジテレビ系列のクロスネット局だった。

関連項目[編集]