岡本伸之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡本 伸之(おかもと のぶゆき、1941年8月30日 - )は日本観光学者。帝京大学経済学部教授立教大学名誉教授。ホスピタリティマネジメントを専門とするほか、日本における観光教育の充実をライフワークとし、立教大学において、日本の4年制大学としては初のケースとなる観光学部の設置に尽力した。日本観光ホスピタリティ教育学会会長。

経歴[編集]

  • 山口県出身[1]
  • 1964年3月 - 立教大学社会学部社会学科卒業
  • 1964年4月 - 立教大学社会学部副手
  • 1966年3月 - 立教大学社会学研究科応用社会学専攻修士課程修了,社会学修士
  • 1966年4月 - 立教大学社会学部助手
  • 1968年4月 - 立教大学観光研究所専任所員
  • 1970年6月 - ミシガン州立大学経営大学院ホテル経営学専攻修士課程修了,MBA
  • 1974年4月 - 立教大学社会学部観光学科助教授
  • 1981年4月 - 教授
  • 1984年4月~1985年3月 - ミシガン州立大学経営学部ホテル経営学科客員準教授
  • 1994年4月~1997年3月 - 立教大学観光学部設置準備室長
  • 1998年4月~2007年3月 - 観光学部観光学科教授,大学院観光学研究科教授
  • 1998年4月~2002年3月 - 観光学部長,大学院観光学研究科委員長
  • 2007年3月 - 立教大学定年退職
  • 2007年4月 - 立教大学名誉教授、帝京大学経済学部教授

著書[編集]

  • 『現代ホテル経営の基礎理論』(単著,柴田書店,1979年)
  • 『現代観光論』(共同執筆,有斐閣,1974年)
  • 『観光概論』(共同執筆,学文社,1978年)
  • 『ホテル産業界』(共著,教育社,1985年)
  • 『ホテル旅館の活力経営』(共著,日本商工経済研究所,1985年)
  • 『現代ホテル旅館経営全集』(編著,同朋舎出版,1985年)
  • 『列島ホテル戦争』(単著,日本経済新聞社,1987年)
  • 『ホテル経営を考える』(編著,実教出版,1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.306