岡本充功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岡本 充功
おかもと みつのり
生年月日 (1971-06-18) 1971年6月18日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県八日市市(現:東近江市
出身校 名古屋大学医学部
名古屋大学大学院医学研究科博士課程
現職 愛知県第9選挙区支部長
所属政党民主党→)
民進党菅グループ)→)
希望の党→)
旧国民民主党→)
立憲民主党
称号 博士(医学)
医師
公式サイト 衆議院議員 岡本みつのり

選挙区比例東海ブロック→)
愛知9区→)
比例東海ブロック
当選回数 5回
在任期間 2003年11月9日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

岡本 充功(おかもと みつのり、1971年6月18日 - )は、日本政治家医師立憲民主党所属の衆議院議員(5期)。元厚生労働大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)。

来歴[編集]

滋賀県八日市市(現:東近江市)に生まれる。静岡県立浜松北高等学校名古屋大学医学部を卒業した。名古屋大在学中に、名古屋テレビ放送の奨学金を得てアメリカ合衆国ユタ州ユタ大学へ留学した。帰国後の1996年に大学を卒業して医師国家試験に合格し、愛知県厚生連安城更生病院に勤務する。2000年に名古屋大学大学院医学研究科博士課程へ入学する。

大学院在学中の2003年に、民主党国会議員候補者公募に合格し、11月の第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で愛知9区から立候補し、選挙区で保守新党前職の海部俊樹首相に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活して初当選した。海部は選挙後に自由民主党に復党した。

2005年第44回衆議院議員総選挙で、愛知9区で再び自民党前職の海部に敗れたが、比例復活により再選した。2009年第45回衆議院議員総選挙で、愛知9区で海部に約8万票差を得て初めて選挙区で当選した。2010年6月から民主党副幹事長を務め、9月に菅第1次改造内閣厚生労働大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。

2012年第46回衆議院議員総選挙に、民主党公認(国民新党推薦)で愛知9区から立候補したが、海部俊樹の元秘書で自民党新人の長坂康正に敗れ、比例復活もならず落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙で、再び愛知9区で自民党前職の長坂康正に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活して2年ぶりに国政に復帰した。2015年民主党代表選挙で元代表岡田克也の推薦人に名を連ね[1]、岡田が党代表に選出された[2]

2017年第48回衆議院議員総選挙希望の党公認で立候補し、長坂に敗れるも比例復活により5回目の当選となった[3]

2018年5月7日に、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[4]し、5月8日に国民民主党の社会保障調査会長に就任した[5]

政治資金[編集]

2020年2月16日に、2015年に続き、翌2016年の政治資金収支報告書にも疑問が浮上したことが報道された[6]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
足立信也
山井和則
日本の旗 厚生労働大臣政務官
小林正夫と共同

2010年 - 2011年
次代:
藤田一枝
津田弥太郎