岡本圭司 (スノーボーダー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

岡本 圭司(おかもと けいじ、1982年2月20日-)は、日本のプロスノーボーダー2015年の転落事故による脊髄損傷で下半身不随に見舞われながらも、2019年からパラスノーボードで競技生活へ復帰している。

人物・略歴[編集]

身長170cm、体重56kg。血液型O型。冬季でも雪がほとんど降らない神戸市で出生したが、高校からの卒業を機にスノーボードを始めた。

ビッグエアスロープスタイルといった競技が得意で、早くからTTRワールドスノーボードツアー(英語: TTR World Snowboard Tourに参戦。2007年開催の屋内大会「日産X-TRAIL JAM IN 東京ドーム」で日本人最高の5位に入賞するなど、日本におけるスロープスタイルの第一人者として活躍した[1]

2007年からは、映像や写真による実技の表現を主体に活動。HYWOD(角野友基などが所属するプロスノーボードプロダクション)のリーダーとして、実技映像の制作などにも従事した[2]2009年には、日本人で初めて、フォルクルドイツの老舗スポーツブランド)との間でインターナショナル契約を結んだ。さらに、2013年12月6日付で、牛乳石鹸共進社とスポンサー契約を締結[3]2014年 - 2015年シーズンからは、『NO MATTER BOARD』(北海道テレビ制作)のMCも務めた。

33歳だった2015年2月7日に臨んだ映像の撮影で、実技を披露している最中に道路へ転落。その衝撃で腰椎など十数カ所を骨折したため、ヘリコプターで病院に搬送された後に、骨折個所の緊急手術を受けた。しかし、脊髄損傷によって右膝下に麻痺が残った[2]ため、1年以上にわたる入院とリハビリを余儀なくされた。転落から手術の直後までは右足を自分で動かせず、担当医からは退院後も日常生活の移動に車椅子が欠かせなくなることを宣告されていたが、リハビリによって自立歩行が可能な状態にまで右足が回復[1]2016年 - 2017年シーズンから 『NO MATTER BOARD』のMCへ復帰すると、翌シーズンまで担当した[4]

右足に著しい障害が残りながらも、2018年に日本障害者スキー連盟が主宰するパラスノーボードの大会(サポーターズカップ)へ参加したことをきっかけに、パラスノーボードで競技生活を再開[5]2019年の初頭からは、スノーボードが正式競技に入っている2022年北京パラリンピックへの出場を目標に、パラスノーボード日本代表チームの強化指定選手として世界を再び転戦している。2020年1月アメリカで開催された北米選手権第2戦では、パラスノーボード転向後の国際大会初優勝を果たした[2]

さらに、パラスノーボーダーとしての活動と並行しながら、「京・大阪KINGS」(年間を通じてスノーボードやスキーを練習できる施設)を京都府京田辺市に開設。HYWODの活動の一環として「THE PARKS」の運営にも携わるなど、スノーボード業界の振興にも尽力している。

脚注[編集]