岡本太郎の眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

岡本太郎の眼(おかもとたろうのめ)は、日本芸術家岡本太郎週刊朝日1965年(昭和40年)から1年間連載した随筆および、それらを纏めて1966年(昭和41年)に出版された随筆集の名称である。

作品の概要と出版状況[編集]

芸術家、岡本太郎が伝統行事、政治、ファッション、スポーツ、文学など、1年のそれぞれの月ごとに関連する森羅万象のテーマに沿って、自らの社会観、人生観について書いたエッセイで、「週刊朝日」に1965年(昭和40年)の1月から12月まで、52回にわたって連載された。自らの創作活動についても言及されており、当時制作中だった久国寺の梵鐘「歓喜」にまつわる逸話が取り上げられている。

『岡本太郎の眼』の単行本は1966年(昭和41年)、朝日新聞社より刊行された。多くの版を重ねたが、1980年(昭和55年)に編纂された『岡本太郎著作集』に載録された後は絶版状態が続いていた。岡本の再評価が進み、歿後2年経った1998年(平成10年)にはチクマ秀版社から『眼 美しく怒れ』と改題再版されたほか、現在は角川書店からも新書にて出版されている。

収録作品タイトル[編集]

タイトルの表記は原書に拠る。

  • 1月
    • 祭は生きがい-お正月
    • 空白は跳躍台-目標
    • 20歳ではおそすぎる-成人式
    • 美しい日本人として怒る-期待される人間像[1]
  • 2月
    • 命をかける楽しみ-スキー
    • 日本的天才をひらけ-文化財保護
    • 東大幼稚園の母親たち-教育制度
    • 政治感覚ゼロ-紀元節論議
  • 3月
    • 動物と人間の共感-えんぶり
    • 顔を失った近代人-顔
    • 自覚なしの便乗派-変節
    • 闇と炎の神秘-お水取り
  • 4月
    • 人間不在の無気味な轟き-近代総力戦
    • 透明な眼-青空
    • 手放しの混乱-靴と下駄
    • その日限りの生命をひらききる-お花見
    • 奇妙な国辱意識-港の投げ銭
  • 5月
    • 不当への怒り-子供対大人
    • レジャーにまで勤勉-堂ヶ島風景
    • 民族的な特性-以心伝心
    • 残酷な現実-ベトナム海兵大隊戦記
  • 6月
    • 茶の間の平和より世界の平和-女・子供に
    • 現代人の制服-背広
    • 貫いて敗れる人間の誇り-根性論の誤り
    • 災難よけ流線型-前こごみ
  • 7月
    • 敗戦の夏-おみこし文化
    • 抵抗の生きがい-モダニズム
    • 本職は生きること-専門家
    • 反人間考-オバケ
    • 生命の衝動-子供の絵
  • 8月
    • 孤独について-カラス
    • とざされたモラル-愛国心
    • 宇宙が叫ぶ-梵鐘・歓喜
    • 炸裂する空間-スピード
  • 9月
    • 古雅なエロティシズム-西馬音内の盆踊り
    • 勇気と情熱に欠けたリーダー-首相沖縄訪問
    • 青春の噴出-モンキー[2]
    • なれあいの不潔さ-動物愛護
  • 10月
    • 都市建設への提案-オバケ都市論
    • 人はそのままの姿で美しい-順番をつけるな
    • さりながら・さればとて-一平かの子
    • 世界中の女・男と結ばれる-結婚式
    • もの言えば-沈黙する日本人
  • 11月
    • 無条件の喜び-オモチャ
    • 半身だけの現実-代用時代
    • 色オンチ-独自に彩る生活
    • 近代にスポイルされる-物の重み
  • 12月
    • ルールを守る側・破る側-政治の暴力
    • 古池や………-和歌・俳句論
    • いつでも新鮮-忘れることの美徳
    • ポトラッチの経済学-贈り物
    • 再生の歓喜-フィナーレ

出版記録[編集]

  • 1966年(昭和41年) 朝日新聞社 (単行本)
  • 1980年(昭和55年) 講談社 『岡本太郎著作集』第8巻
  • 1998年(平成10年) チクマ秀版社 (単行本)
  • 2004年(平成16年) 同上 (1998年版の新装版)
  • 2011年(平成23年) 角川 oneテーマ21 (新書)

脚注[編集]

  1. ^ 1966年当時の文部省中央教育審議会が出した答申の中に含まれていた提言のこと。
  2. ^ 1965年当時、青少年の間で流行していたモンキーダンスを指す。