岡本幹輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本幹輔

岡本 幹輔(おかもと かんすけ、1885年明治18年〉2月1日[1] - 1939年昭和14年〉2月25日[2])は、日本の政治家衆議院議員

経歴[編集]

山形県飽海郡漆曽根村(現酒田市)で岡本敏貞の二男として生まれる[3][4]1902年山形県立荘内中学校を卒業し、さらに1906年東京高等商業学校を卒業した[3][4]。同年7月、三井物産会社に入社し、札幌出張所、本店営業部などで勤務[3]1914年8月、日本製鋼所に移り、横須賀出張所長、室蘭支店会計主任、同支店商務主任、同事務部次長、同労務係長を歴任[3][4]。その他、室蘭商業会議所特別議員、(株) 瑞穂商会顧問を務めた[2]

1920年5月、第14回衆議院議員総選挙において北海道第五区から憲政会所属で出馬し当選[2]第16回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算二期務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、36頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』150頁。
  3. ^ a b c d 『北海道人名辞書』第二版、329頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第6版、を155頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。