岡本聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本聖子
Seiko Okamoto
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・大阪府豊中市
生年月日 (1978-03-14) 1978年3月14日(40歳)
身長 174cm
体重 58kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2010年
ツアー通算 1勝
シングルス 0勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 487勝430敗
シングルス 264勝264敗
ダブルス 223勝166敗
生涯獲得賞金 $207,531
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2004・05)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 178位(2006年1月16日)
ダブルス 123位(2004年11月1日)
テンプレート  プロジェクト テニス

岡本 聖子(おかもと せいこ、1978年3月14日 - )は、大阪府豊中市出身の女子プロテニス選手。WTAツアーの2004年ホバート大会で浅越しのぶと組んだ女子ダブルスで優勝した。自己最高ランキングはシングルス178位、ダブルス123位。

来歴[編集]

豊中市立南桜塚小学校の6年生からテニスを本格的に始め、1990年に進学した夙川学院中学校・高等学校では全国大会での団体優勝メンバーになった。1996年亜細亜大学へ進学し、3年生の1998年にはインカレでシングルスと女子ダブルスの両方で優勝した。全日本選手権でもシングルで準優勝、女子ダブルスでもベスト4に入り、日本テニス界のトッププレーヤの1人となった。

2000年、大学卒業後にプロへ転向し、日本国内や海外の大会を転戦、2004年にはWTAツアーのホバート大会で浅越しのぶと組んだ女子ダブルスでツアー初優勝を飾った。同年には竹村りょうことのペアで全豪オープンの女子ダブルスに出場し、4大大会に初めて出場したが、1回戦でマルチナ・ナブラチロワリサ・レイモンドのペアに敗れた。2005年には再び全豪オープンの女子ダブルスに出場し、全日本選手権では高瀬礼美と組んだ女子ダブルスと、佐藤博康と組んだ混合ダブルスの2冠を制し、初の全日本タイトルを獲得した。その後もプロテニスプレーヤーとしての活動を続け、2008年には佐藤とのペアで再び全日本選手権の混合ダブルスに優勝した。

その後は島津製作所と契約し、マネジメントは吉本興業に委託しながら現役選手としての活動を続けていたが、2010年9月に現役引退を発表した[1]

私生活では2009年に当時自身のコーチを務めていたテニス指導者・解説者の佐藤武文(佐藤博康の兄)と結婚している[2]

WTAツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年1月16日 オーストラリアの旗 ホバート ハード 日本の旗 浅越しのぶ ベルギーの旗 エルス・カレンズ
オーストリアの旗 バルバラ・シェット
2–6, 6–4, 6–3

主な成績[編集]

学生時代
プロ転向後

脚注[編集]

  1. ^ ☆よく頑張りました☆” (日本語). 岡本聖子オフィシャルブログ (2010年9月22日). 2012年1月9日閲覧。
  2. ^ ☆謹賀新年&ご報告☆” (日本語). 岡本聖子オフィシャルブログ (2010年1月2日). 2012年1月9日閲覧。