岡本貴也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本貴也
プロフィール
誕生日 1972年6月18日
出身地 日本の旗 日本兵庫県
血液型 A型
主な作品
テレビドラマ 妻と飛んだ特攻兵、銀二貫
映画 想いのこし、俺たちの明日
舞台 朗読劇 私の頭の中の消しゴム、スイッチを押すとき
受賞
2000年 糸井重里賞
その他
日本脚本家連盟員、日本演出者協会

岡本 貴也(おかもと たかや、1972年6月18日 - )は、兵庫県神戸市出身の脚本家舞台演出家ドリームプラス株式会社所属。

略歴[編集]

甲陽学院中学校・高等学校を卒業。

1995年早稲田大学理工学部・応用物理学科を卒業。

1997年、早稲田大学院・生物物理学修了、理学修士号取得。卒業後、出版社に勤務。

1999年、劇団「タコあし電源」を旗揚げ。執筆及び演劇活動を開始。

2000年、久世塾一期生になると同時に出版社を退職。その数か月後、糸井重里賞受賞作で映像デビュー。ほぼ日刊イトイ新聞にて「21世紀の向田邦子をつくる」コーナー担当。

2001年BS-iドラマ「ジャッジカフェ」にてテレビ脚本家デビュー。その後続けざまに『A side B』(長塚京三阿部サダヲら)、『the Apartment』(西村雅彦井上晴美)、『アイノウタ』(池内博之つぐみら)、『ケータイ刑事_銭形愛』(宮崎あおいら)とBS-iにて連ドラを執筆。

2002年、TBS東芝日曜劇場太陽の季節』(原作:石原慎太郎)で地上波デビュー。

2003年、初の商業演劇『再起動ロッケンロー』を作・演出。

2004年、『阪神淡路大震災〜1.17、衝撃の事実。』を作・演出。現在これが劇団タコあし電源での最後の作品である。

2005年 - 2006年、【舞台|阪神淡路大震災】と改題して初演台本をリニューアル、自主公演として全国巡演。8000人を動員し、全国各地のマスコミ各社より高い評価を受ける。戯曲全文と公演プロデュースやツアーの様子は『舞台 阪神淡路大震災 全記録』として三修社より出版された。

2007年より、デジタルハリウッド大学客員教授として、シナリオ作成演習・ゼミ等を担当。

2010年2月、毎日放送テレビ『あり得ない!』第7話でテレビドラマ監督デビュー。

2010年5月、初の本格小説『彼女との上手な別れ方』(小学館)で、小説家デビュー。同9月に重版決定。のちに映画化。

人物[編集]

  • 珍しい理系の脚本・演出家。
  • 執筆が異様に早く、稽古開始日や締め切りに遅れたことはほとんどない。
  • 防災士資格、上級救命講習、小型船舶一級免許、大型自動車免許、DTPエキスパート資格などを所持。
  • 中学より写真と音楽を始め、出版社経験などもあり、劇団や自主公演のチラシなどはすべて本人の撮影、デザイン。
  • 1995年に起きた兵庫県南部地震で実家が全壊判定。その時のショックと神戸にいなかったことへの自責の念が後の人生への原動力となる。
  • 公式ブログ名は、「脚本家は、肉が好き。」。自他共に認める牛肉好き。
  • 「肉会」と称する会食をしばしば都内で主催している。通常は関係者のみで行われており、過去参加した俳優・女優、アーティストら本人のブログ等でその存在が公にされている。
  • 関西弁での軽妙なトークで知られ、舞台作品のDVD発売イベント等では自らMCを担当。ピンボール・ドライブのライブでも「お葉書来てます」というMCが好評を博していた。

音楽家としては、バンド ピンボール・ドライブで、ギターとパーカッションを担当し(2006年8月まではこのバンドではドラムだった)、ライブハウスやイベント等で活動していた(2005年、MS Recordよりデビュー。2008年11月活動休止)。また自身が作・演出するミュージカルその他の舞台で使われる音楽も作詞を手がけている。

2010年11月、劇場型バンドKnot 4 saiLで作詞とギターを担当。全曲を著作権放棄し、全曲を無料ダウンロードできた。

主な作品[編集]

舞台(脚本・演出の両方)[編集]

2018年[編集]

  • 5月「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 10th letter」大手町よみうりホール
  • 10月「音楽劇 ヘブンズ・レコード 〜青空篇」有楽町よみうりホール、神戸松方ホール

2017年[編集]

2016年[編集]

2015年[編集]

2014年[編集]

2013年[編集]

2012年[編集]

2011年[編集]

2010年[編集]

2009年[編集]

2008年[編集]

2007年[編集]

2006年[編集]

2005年[編集]

  • 10月~2006年6月 【舞台|阪神淡路大震災】東京芸術劇場ほか全国巡演
  • 11月 DIAMOND★DOGS「OPERAtions」(ミュージカル)銀座博品館劇場
  • 4月 DIAMOND★DOGS「JEALOUSY(コント分)」銀座博品館劇場

2004年[編集]

  • 7月 「阪神淡路大震災 〜1.17、衝撃の事実。」東京・中野劇場MOMO(劇団タコあし電源第11回本公演として)
  • 5月 ZASH公演「再起動ロッケンロー」(再々演) 銀座博品館劇場

2003年以前[編集]

  • 2003年10月 ZASH公演「再起動ロッケンロー」(Consoleの再演) シアターVアカサカ 共同演出 須賀大観
  • 1999〜2004年 劇団タコあし電源全11作品

舞台(脚本のみ)[編集]

  • 2017年12月「音楽劇 夜曲」(脚色。原作:横内謙介/演出:西田大輔)東京芸術劇場プレイハウス
  • 2017年3月「花・虞美人」赤坂ACTシアター、名古屋芸術劇場、森ノ宮ピロティほか
  • 2015年8月〜 「恋の遠心力」演出=野村龍一 西新宿GLASS DANCE(岩井七世白倉裕二西郷豊、レノ聡、津賀保乃、野村龍一木村昴)
  • 2015年3月 「最後のサムライ」演出=イヴァン・キャブネット(Evan Cabnet) 天王洲 銀河劇場(市原隼人徳山秀典中村誠治郎阿久津愼太郎オレノグラフィティ岡本玲久ヶ沢徹ソニン永島敬三、他)
  • 2015年1月「プロモーターズ!〜セカンドチャンス」スタジオアルタ(劇団メイカーズ旗揚げ公演)
  • 2014年4月 「キスしてほしい。」(再々演) 演出=中村隆天(劇団浪漫狂)紀伊國屋ホール
  • 2012年10月 「ラフカット2012」『血婚式』演出=堤泰之 全労済ホールスペース・ゼロ(海老沢英紀、大西洸一郎、鈴木克昌、木村ゆめこ、小早川知恵子、寺島愛、豊里歩美、松本美樹)
  • 2011年5月 「タンブリング vol.2」演出=TETSUHARU 赤坂ACTシアター、名古屋御園座、大阪BLABA、有楽町フォーラム
  • 2010年11月「Promoters!(プロモーターズ!)」恵比寿・エコー劇場(劇団浪漫狂)
  • 2010年5月 「キスしてほしい。」(再演) 演出=中村隆天(劇団浪漫狂) 俳優座劇場
  • 2010年1月 「KIng of the Blue」演出=上島雪夫 ル テアトル銀座
  • 2005年9月 「日ノ丸レストラン舞台版」(再演) 演出=森田空海(三津谷葉子ほか)東京芸術劇場 小ホール1
  • 2004年5月 劇団SET野崎数馬 Prd.公演「司会者」演出=野崎数馬 目黒ウッディシアター
  • 2004年2月 「日ノ丸レストラン舞台版」演出=森田空海(チューヤンすほうれいこ新谷真弓弓削智久野崎数馬、各務立基、松井和美ら)
  • 2003年5月 CREW公演「Console」(初演)演出=渡辺健 シアターVアカサカ

舞台(演出のみ)[編集]

舞台(プロデュース)[編集]

  • 2008年1月 「キスしてほしい。」東京・笹塚ファクトリー
  • 2005年1月 「面接の人達2006」(岩下貴子、桜井聖、荻原政樹、SET川口直人、SET住吉玲奈大木凡人(映像出演)ら)東京・中野劇場MOMO

テレビドラマ(脚本)[編集]

テレビドラマ(監督)[編集]

映画(脚本)[編集]

映画(監督)[編集]

小説・戯曲本・書籍[編集]

  • 2016年「世界が記憶であふれる前に」(小学館)
  • 2014年「神様の休日 僕らはまためぐり逢う」(幻冬舎)
  • 2013年「天使と魔物のラストディナー(文庫版)」解説(幻冬舎)
  • 2010年「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」(主婦の友社)
  • 2010年「彼女との上手な別れ方」(小学館)
  • 2008年「スイッチを押すとき(文庫版)」解説(角川書店)
  • 2006年「舞台 阪神淡路大震災 全記録」(三修社)
  • 2005年「婿に行きたい」共著(講談社)

CD[編集]

作詞[編集]

  • 2017年3月「花・虞美人」(ミュージカル)
  • 2009年3月「ずっと言いたかったこと」(歌:金子麻美)
  • 2009年1月 アコースティックミュージカル「DUST」オリジナル全楽曲
  • 2008年6月 ピンボール・ドライブオリジナルアルバム「Triday」3曲
  • 2008年1月「夕暮れの向こう」(歌;近藤陽一郎 舞台「キスしてほしい。」オリジナル楽曲)
  • 2007年11月「東京行き」(歌:金子麻美)
  • 2007年5月「研修医魂」(ミュージカル「研修医魂」オリジナル楽曲20曲)
  • 2007年6月「ポストウーマン」(落合祐里香 アルバム「羽化-UKA-」9曲目収録、プラナ)
  • 2007年8月「ディッキーエックスのテーマ」(Web Movie 「I am a HERO.」主題歌)

ラジオ[編集]

  • 2007年4月 - 2008年4月 FMながおかピンボール・ドライブのPAPATTO Radio!?」(隔週金曜日19:30 - )レギュラー出演、放送作家、ディレクター
  • 2015年〜 レインボータウンFM大江戸放送局「クリスタル ズーランド」第二月曜レギュラー

脚注[編集]