岡本金幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

岡本金幸(おかもとかねゆき、1933年11月4日 - 2006年9月19日)は、日本静岡県出身のレーシングドライバーである。愛称「キンコーさん」。

ジムカーナからモータースポーツの世界に入り、1967年、富士チャンピオンレース前期第1戦でレースデビュー。その後、1971年に開幕した富士グランチャンピオンレース(富士GC)に参戦。1989年に閉幕するまでの19年間で60戦近く出場し、GCにはなくてはならない名物ドライバーとして名を馳せる。

岡本は、生涯プライベートドライバーとしてGCに参戦していた。当時GCに参戦していたドライバーのほとんどは、由良拓也率いるムーンクラフト製のカウルマーチ製のシャーシを使っていたが、岡本だけは自作のマシンで戦っていたのだ。カウルも自作、シャーシも自作、エンジンも自らチューニングして自らがステアリングを握ってドライブしていた。

自作のカウルはストレートスピードがムーンクラフト製より速く、あの星野一義高橋国光さえも追いつくことができなかったという。

佐藤文康が事故死したレースで最初に救出に向かったのは岡本だった。文康の直後を走り、一部始終を見ていた岡本は生前、「あの事故の後にレースをやるのは嫌だった」と話していたという。

レーシングカーのバックランプに日本で初めて発光ダイオード(LED)を採用したのも岡本である。

1994年には60歳にして第1回十勝24時間レースに参戦。日本人の現役最年長ドライバーの記録を作った。

引退後は喫茶店を経営しながら、頼まれればレーシングカーや一般車のメンテナンスもしていた。

しかし、本人は亡くなる直前まで「自分から引退するとは一言も言ってないから、引退したつもりはないんだよ。いつかまたレースをやりたいと思ってるんだ。」と語っていた。気持ちの中では生涯レーシングドライバーとして現役を貫いていたのである。


参考文献

  • AUTO SPORTS YEAR BOOK(三栄書房)
  • AUTO SPORTS(三栄書房)
  • オートテクニック(山海堂)

関連項目

今日は何の日(8月24日

もっと見る