岡本駅 (栃木県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡本駅
東口(2019年3月)
東口(2019年3月)
おかもと
Okamoto
宇都宮 (6.2km)
(5.5km) 宝積寺
所在地 栃木県宇都宮市下岡本町1986
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
烏山線直通含む)
キロ程 115.7km(東京起点)
東京から尾久経由で115.9km
電報略号 オカ←ヲカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線(実質2面2線)
乗車人員
-統計年度-
2,659人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1897年明治30年)2月25日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
西口(2019年3月)

岡本駅(おかもとえき)は、栃木県宇都宮市下岡本町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

宇都宮線」の愛称区間に含まれている。宇都宮駅を始発・終着とする烏山線列車も乗り入れる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する橋上駅であるが、1番線と3番線にはフェンスが設置されており、2面2線のみが使用されている。ホームは2017年度(平成29年度)から嵩上げされて、列車とホームの間の段差が解消された。

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。簡易Suica改札機・指定席券売機設置駅。トイレは改札内および西口1階部分に設置されている。

2015年(平成27年)2月より、橋上駅舎と東西通路の工事が開始され、2016年(平成28年)7月1日より営業が開始[注釈 1]された[2]。新駅舎には、上りエスカレーターとエレベーター、各ホームへはエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
2 宇都宮線(東北線)
烏山線
上り 宇都宮大宮東京横浜大船方面
上野東京ライン
4 宇都宮線(東北線) 下り 氏家矢板黒磯方面
烏山線 宝積寺烏山方面
  • 2004年(平成16年)3月13日のダイヤ改正以降、湘南新宿ラインの列車は当駅に乗り入れなくなった。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は2,659人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,059 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,078 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,967 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,943 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,892 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,907 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,882 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,909 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,902 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,808 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,809 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,840 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,918 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,945 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,896 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,994 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,059 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,432 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 2,659 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 運行事業者 系統 主要経由地 行先 備考 出典
JR岡本駅 東野交通 氏家線 宝積寺駅前・下野花岡駅入口・黒須病院前 氏家駅 [3]
市北線 古里中学校 和久
市北線 御幸交番前・今泉九丁目・JR宇都宮駅 宇都宮東武(東武宇都宮駅西口)
氏家線 御幸交番前・竹林十文字・JR宇都宮駅 宇都宮東武(東武宇都宮駅西口)
平出・北越戸・ベルモール線
(平出シャトル)
御幸交番前・平出工業団地・陽東三丁目 宇都宮駅東口
御幸交番前・平出工業団地・ベルモール・陽東三丁目 宇都宮駅東口 土休日のみ
JR岡本駅西口 東野交通 市北線 宇都宮病院・上野団地・御幸交番前・竹林十文字・JR宇都宮駅 宇都宮東武(東武宇都宮駅西口)
御幸ヶ原元町・河内線 宇都宮病院・御幸ヶ原元町・竹林十文字・JR宇都宮駅 宇都宮東武(東武宇都宮駅西口)

その他[編集]

  • 以前は当駅から高崎製紙日光工場(現:王子マテリア日光工場)(1941年運輸開始[4])・川崎重工業宇都宮工場(現:ジェイ・バス宇都宮事業所)への専用線が存在していた。その廃線跡は遊歩道となっている。
  • 以前は、4番線ホームに待合所があったが、駅舎の橋上化に伴い、2015年(平成27年)2月に取り壊された。
  • 西口階段の手すり下部にあるガラスにはサギソウが描かれている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
宇都宮線・烏山線(烏山線は宇都宮駅 - 宝積寺駅間東北本線)
通勤快速・快速「ラビット」・普通
宇都宮駅 - 岡本駅 - 宝積寺駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 西口のみ開始され、東口が開始されたのは2017年(平成29年)2月1日から。

出典[編集]

  1. ^ “住民待望の西口完成”. 下野新聞 2016年7月2日付朝刊 (下野新聞社): 23面. (2016年7月2日) 
  2. ^ 読売新聞栃木版 2016年6月28日 34面掲載。
  3. ^ 東野交通乗合バス
  4. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。

関連項目[編集]