岡本麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡本 麻子(おかもと まこ、1977年8月30日 - )は、日本クラシック音楽ピアニスト

経歴[編集]

大阪府に生まれる。3歳よりヤマハ音楽教室でピアノを始め、井上直幸、竹内啓子らに師事。中学卒業後に上京し、桐朋女子高等学校音楽科に入学。高校卒業後に渡独し、フライブルク州立音楽大学にてミシェル・ベロフに師事。1999年に同音大大学院を最優秀の成績で修了。その後、ディーナ・ヨッフェの元で研鑽を積み、2000年にケルン国立音楽大学の演奏家資格コースに入学。同音大で、パーヴェル・ギリロフに師事。2002年から翌年にかけてローム・ミュージックファンデーションの奨学生。2004年に国家演奏家資格に合格、最優秀で修了。2004年12月、日本に帰国し、京都市立芸術大学音楽科非常勤講師[1]同志社女子大学音楽学部嘱託講師[2]となる。2015年4月から大阪教育大学教育学部教養学科芸術講座音楽コース准教授[3]

受賞歴[編集]

活動[編集]

繊細な音色と色彩感豊かな表現が特徴で、近代ピアノ作品などを好んで演奏する[12]。オリヴィエ・メシアン・コンクール2007でのガラ・コンサートにおいて、入賞者の中からただ一人抜擢され、「異国の鳥たち」をピエール・ブーレーズ指揮のもと再度共演を果たした。「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」全曲リサイタルを東京・大阪で開催[13]したこともある。

これまでに、仙台フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団大阪交響楽団読売日本交響楽団東京交響楽団韓国・仁川フィルハーモニー、ロレーヌ・フィルハーモニー、フランス国立放送管弦楽団ベルギー国立管弦楽団、アンサンブル・アンテルコンテンポラン、梅田俊明西本智実、寺岡清高、柳澤寿男、北山幸男、カルロス・カルマー、ジャック・ラコンブ、ジルベール・ヴァルガ、ピエール・ブーレーズ大谷玲子林裕、池上英樹、樫本大進、幣隆太郎、長原幸太、文屋充徳と共演している。

ディスコグラフィー[編集]

  • Visionary Pianism 〜幻想的ピアニズム〜 (2011年12月14日, Arche music Studio)
  • ドビュッシー 12の練習曲集 (2007年6月8日, Salycus)
  • メシアン 幼子イエスに注ぐ20のまなざし (2015年9月25日, ナミ・レコード)

脚注[編集]