岡村博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

岡村 博(おかむら ひろし、1905年11月10日 - 1948年9月3日)は日本の数学者。専門は、微分方程式論。京都帝国大学を卒業し、京都帝国大学教授を務める。

主な業績として、常微分方程式の初期値問題を研究し、解の一意性のための必要十分条件を導いたことがある。これにより、20世紀前半の微分方程式論でもっとも重要な問題の1つに終止符が打たれた。その他の業績としては、積分法の平均値定理の改良がある。

様々な問題を、天才的な発想を持ってしてではなく、非常に地道に考え、解いていったとされる。 戦後の食糧難による栄養失調で夭逝した。

父は岡村司溝畑茂山口昌哉は弟子筋にあたる。

著書[編集]

その他[編集]

2003年に再版された『微分方程式序説』の末尾に、山口昌哉教授が岡村教授について書かれた原稿、「数学者 岡村 博先生」が採録されている。