岡村文四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡村 文四郎(おかむら ぶんしろう、1890年明治23年)9月20日[1] - 1968年昭和43年)10月20日[1][2][3])は、昭和期の協同組合活動家、政治家参議院議員紋別市名誉市民[4]

経歴[編集]

高知県高岡郡尾川村[1](現佐川町)で岡村作次の長男として生まれる[5]。高岡郡赤木尋常小学校を卒業[2][3]。1912年(大正元年)北海道紋別郡渚滑村立牛(上渚滑村を経て現紋別市)に一家で移住し開拓に従事[1][2][3][4]

1929年(昭和4年)下立牛産業組合長に就任[2][3]。上渚滑村会議員に選出された[4]太平洋戦争後の食糧増産に尽力し、「協同組合主義」による農業経営を推進した[4]。また、北海道信販購利連合会専務理事、北海道農業会会長、道信用農業協同組合連合会会長、農林中央金庫評議員、全国組合金融協会会長、全国共済農業協同組合連合会会長、全国農業会議所理事、全国農業協同組合中央会理事、家の光協会理事、共栄火災海上保険相互会社取締役、雪印乳業取締役、日本農村放送事業協会会長などを務めた[1][2][3][4]

1947年(昭和22年)4月、第1回参議院議員通常選挙全国区から国民協同党所属で出馬して当選[1][2][3][4][6]。1948年(昭和23年)国民協同党が協同組合主義の立場から離れたことから離党し、一時、農民新党の党首となった[4]第3回改進党)、第4回通常選挙(無所属)で落選し[4][7]、1959年(昭和34年)6月、第5回通常選挙自由民主党から出馬して再選[1][2][4][8]。1965年(昭和40年)7月、第7回通常選挙でも当選したが[1][2][9]、在任中の1968年10月に死去し[4]、参議院議員を通算3期務めた[2]。この間、参議院懲罰委員長を務めた[2][3]

著作[編集]

  • 述『一組合運動者の思い出』〈くみあい運動叢書〉協同組合通信社、1955年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『高知県人名事典 新版』165頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 貴族院・参院議員名鑑』274頁。
  3. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』131頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『北海道歴史人物事典』81-82頁。
  5. ^ 『人事興信録 第14版 上』オ219頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』544、546頁。
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』547頁。
  9. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』549頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 『高知県人名事典 新版』高知新聞社、1999年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。