岡村浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡村 浩二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県丸亀市
生年月日 (1940-11-10) 1940年11月10日(78歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡村 浩二(おかむら こうじ、1940年11月10日 - )は、香川県丸亀市[1]出身の元プロ野球選手捕手)。

1972年登録名岡村 幸治1974年の登録名は岡村 幸司(ともに読み同じ)。

経歴[編集]

中国天津市生まれで、6歳の時に丸亀に引き揚げ[1]高松商業高校時代は石川陽造とバッテリーを組み、1957年には第29回選抜高等学校野球大会に出場。準々決勝で倉敷工渡辺博文に完封を喫する[1]。3年生時の1958年には第40回全国高等学校野球選手権大会に出場。この大会でも準々決勝まで進むが、作新学院に1-2で惜敗[1]。同年の富山国体にも出場、決勝まで進むがまたも作新学院に敗れる(日程が雨天順延で遅れ、決勝はオープン戦となり記録上は二校優勝)。

石川とは立教大学でもチームメイト同士であったが、岡村は2年で中退し、1961年阪急ブレーブスに入団[1]。プロ入り3年目の1963年にはレギュラーに定着し、打率こそ低いが一発長打を秘めたバッティングを武器に活躍した。

1964年にはオールスターゲームに出場。この頃には野村克也南海)の影に隠れながらも、パ・リーグを代表する捕手の一人となっていた。

1967年からのブレーブスのリーグ3連覇にも、主力捕手の一人として貢献した。1969年にはライバル・野村を押しのけて、初のベストナインを受賞。だが、同年の日本シリーズ第4戦では、球審・岡田功の判定に激怒し、岡田を殴って日本シリーズ史上初の退場処分を受けている[1](※後述)。

1971年にもリーグ優勝を経験したが、同年オフに種茂雅之との珍しい「正捕手+立教大学出身同士」の交換トレードで、阪本敏三佐々木誠吾と共に東映フライヤーズへ移籍[1](阪急へは種茂と共に大橋穣も移籍)。日拓ホーム時代は高橋直樹とバッテリーを組んでノーヒットノーランを達成している[2]。移籍後は出場機会が次第に減り、チームの親会社が日本ハムに変わった1974年のシーズン途中で現役引退した[1]

現在は、故郷に近い高松市の古馬場で、「野球鳥・おかむら」という名の飲食店を経営している[1]。店長は次男に任せ[3]、自身は高松市内にスナック『29(ツーナイン)』を開業し、実業家として活動している[4]

日本シリーズでの退場[編集]

1969年10月30日に行われた読売ジャイアンツ(以下、巨人)対阪急ブレーブス(以下、阪急)の日本シリーズ第4戦(後楽園)での事。

4回裏・巨人の攻撃、無死一・三塁の場面で、一塁走者・王貞治と三塁走者・土井正三がダブルスチールを敢行。阪急の二塁手・山口富士雄がホームに返球し、土井は岡村のブロックに跳ね飛ばされた形となった事からアウトと思われたが、球審・岡田功は「セーフ」の判定を下した。激昂した岡村は岡田を殴って、日本シリーズ史上初の退場処分となった(なお、2012年多田野数人危険球で岡村以来、史上2人目の退場処分を受けている)。

モニターの映像でもアウトと思われたが、土井の足は岡村にブロックされて跳ね飛ばされる前にホームを踏んでいる写真が新聞社から出て、岡田の判定が正しい事が判明した。ただし岡村は、後に放送された特番で「今でもあれはアウトだと思っている。長い事プロで活躍したのに、あの場面ばかり出されるのは無念だ」と述べている。

巨人の川上哲治監督(当時)も、同年11月3日付読売新聞掲載の手記で[5]、「瞬間的に、判定に不満をいだいた岡村浩二君の行為はわからないではない」と認めている。また、当時巨人の選手であった瀧安治でさえも、『暴れん坊列伝 - プロ野球乱闘史』(文藝春秋社・文春文庫ビジュアル版、1988年 ISBN 9784168108075)の中で「たった一度の間違いで彼を評価してはならない。幾多もの苦労を乗り越え、あのブロックを作り上げ、あれほどまでにナインから全幅の信頼を置かれた姿こそが岡村の本当の姿である」と評している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 阪急 90 203 187 14 34 3 3 0 43 10 1 0 4 0 11 0 1 55 4 .182 .231 .230 .461
1962 40 66 58 2 7 0 0 0 7 5 2 1 5 2 1 1 0 7 4 .121 .131 .121 .252
1963 136 466 428 31 100 16 0 8 140 34 3 3 5 1 26 1 6 83 12 .234 .286 .327 .613
1964 148 508 456 30 104 20 1 9 153 52 1 1 10 7 30 0 5 70 15 .228 .279 .336 .615
1965 107 283 248 16 44 7 0 6 69 22 0 3 5 4 23 0 3 58 9 .177 .252 .278 .530
1966 105 290 258 16 59 7 0 3 75 19 3 1 1 2 26 0 3 69 4 .229 .304 .291 .595
1967 103 333 306 21 68 7 0 11 108 34 0 1 6 4 14 2 3 61 11 .222 .260 .353 .613
1968 123 449 405 36 99 12 0 15 156 48 0 1 4 2 33 4 5 45 14 .244 .308 .385 .693
1969 121 443 404 39 106 12 0 15 163 61 1 3 5 2 26 3 6 59 9 .262 .315 .403 .719
1970 114 361 327 23 75 9 0 7 105 35 0 2 6 0 23 1 5 37 9 .229 .290 .321 .611
1971 125 452 401 33 89 13 0 7 123 50 4 5 4 1 37 5 9 44 19 .222 .301 .307 .608
1972 東映
日拓
日本ハム
65 138 126 3 25 7 0 1 35 12 0 0 2 2 6 0 2 14 6 .198 .243 .278 .520
1973 72 185 159 11 33 4 0 3 46 13 0 3 0 1 23 2 2 20 6 .208 .314 .289 .603
1974 21 32 30 0 5 2 0 0 7 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0 .167 .219 .233 .452
通算:14年 1370 4209 3793 275 848 119 4 85 1230 395 15 24 57 28 279 19 52 628 122 .224 .284 .324 .608
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1970年5月22日 ※史上145人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 39 (1961年)
  • 29 (1962年 - 1971年、1973年 - 1974年)
  • 23 (1972年)

登録名[編集]

  • 岡村 浩二 (1961年 - 1971年、1973年)
  • 岡村 幸治 (1972年)
  • 岡村 幸司 (1974年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、118ページ
  2. ^ [1]
  3. ^ 野球鳥おかむらスタッフ紹介
  4. ^ “【ダンカンが訪ねる 昭和の侍】 岡村浩二さん「心のスキ」が招いた伝説の生還”. サンケイスポーツ. (2016年12月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20161226/npb16122605000001-n1.html 2018年11月18日閲覧。 
  5. ^ 巨人軍5000勝の記憶付属のDVDでも触れられていた。

関連項目[編集]