岡村繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村 繁(おかむら しげる、1922年7月23日 - 2014年12月26日[1])は、古典中国文学者九州大学名誉教授。

滋賀県甲賀郡甲賀町生まれ。1947年広島文理科大学文学科卒、同副手、助手、広島大学文学部助手、兵庫県立星陵高等学校教諭、1959年名古屋大学文学部助手、1962年「後漢三国の評論に関する研究 とくに人物評論を中心として」で名大文学博士

1964年東北大学教養部助教授、1966年九州大学文学部助教授、1968年教授、1972-1974年文学部長、1977-1980年附属図書館長、1986年定年退官、名誉教授、久留米大学文学部教授、1992年文学部長。従四位[2]

著書[編集]

訳註など[編集]

記念論集[編集]

  • 『中国詩人論 岡村繁教授退官記念論集』汲古書院 1986

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “岡村繁氏(九州大名誉教授)死去 福岡”. 読売新聞 西部朝刊 (読売新聞社): p. 27. (2014年12月27日) 
  2. ^ 2015年2月2日官報

参考[編集]

  • 岡村繁教授 年譜略・著作目録 中国文学論集 1986-12
  • 『人事興信録』1995年