岡田健史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おかだ けんし
岡田 健史
生年月日 (1999-05-12) 1999年5月12日(22歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2018年 -
事務所 スパイスパワー
公式サイト Spice Power - 岡田健史
主な作品
テレビドラマ
中学聖日記
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
青天を衝け
映画
望み
ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-
新解釈・三國志
配信ドラマ
フォローされたら終わり
いとしのニーナ
テンプレートを表示

岡田 健史(おかだ けんし、1999年5月12日 - )は、日本俳優創成館高等学校出身[1]

略歴[編集]

小学2年生で野球を始め[2]、主に捕手を務めた[3]。中学1年生の冬に初めて芸能事務所・スパイスパワーからスカウトされる。以降、5年に渡ってスカウトを受けていたが、甲子園を目指し野球に没頭していたため断り続けていた[2]

2017年、高校3年時の野球部引退後、演劇部の顧問の先生にスカウトされ、特攻隊員を演じ大会に出場する。もともと大学に進学し野球を続けるつもりだったが、県大会出場後に「役者になりたい」という気持ちが芽生え、自ら現事務所に電話をする。

2018年10月放送開始のテレビドラマ『中学聖日記』(TBS)でオーディションを経て主人公の相手役に抜擢され、俳優デビューを果たす[4]。オーディションは1年がかりで行われ、資料を合わせると1000人を超えていたという。このドラマで、『週刊ザテレビジョン』主催の第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞[5]

2019年6月12日に1st写真集『鼓動』が発売される。発売前と発売後に重版が決定した。

2019年7月19日、福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』でテレビドラマ初主演[6]

2020年、スクリーンデビュー作『弥生、三月-君を愛した30年-』を含む映画4作品が公開される。デビュー作以来1年6ヶ月ぶりに自身2作目の民放連続ドラマ『MIU404』に出演。

2021年、NHK大河ドラマ青天を衝け』に出演[1]

2021年3月19日、『弥生、三月-君を愛した30年-』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』『望み』の3作品で第44回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

人物[編集]

  • 趣味は筋トレで、好きな食べ物はラーメン[4]
  • 小、中学校の先輩になかやまきんに君がいる[7]
  • 特技は野球。高校時代は将来的に社会人野球に進むつもりでいたため、事務所からのスカウトには興味を示さなかった[2]。また、プロ野球阪神タイガース川原陸は野球部の後輩であり、岡田は捕手、川原は投手としてバッテリーを組んでプレーしていた[3][8]
  • 舞台の助っ人を探していた演劇部に推薦したのは校長先生だったという[9]
  • 『中学聖日記』では、中学生役を演じるにあたり、体重を約10キロ落とした。
  • ジブリ作品が大好きで、特に『もののけ姫』がお気に入り。

受賞歴[編集]

出演[編集]

太字は主演。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

配信ドラマ[編集]

CM[編集]

広告・モデル[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

  • テレメンタリー「伝えてくるけん 〜広島長崎ピースメッセンジャー〜」(2019年4月7日、テレビ朝日[47]
  • 「あなたのやさしさを2020 〜NHK歳末たすけあい〜」 (2020年12月1日、NHK総合
  • 「あなたのやさしさを2020 〜NHK海外たすけあい〜」 (2020年12月2日、NHK総合
  • 連食テレビエッセー「きみと食べたい」(2020年12月24日、Eテレ

書籍[編集]

フォトブック[編集]

  • 1st写真集『鼓動』(2019年6月12日)[48]

カレンダー[編集]

  • 『岡田健史カレンダー 2020.04 - 2021.03』(2020年2月14日)[49]
  • 『岡田健史カレンダー 2021.04 - 2022.03』(2021年2月12日)[50]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 南沙良とのダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ a b c "岡田健史 初の大河出演! 母校の"甲子園出場"刺激に「"叫び"にぜひ注目して」". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 11 July 2020. p. 1. 2020年7月11日閲覧
  2. ^ a b c 有村架純の相手役、19歳新人の岡田健史に決定
  3. ^ a b 【スポーツ記者リポート】阪神のドラ5川原の先輩はドラマで活躍中の新人俳優 産経ニュース 2018年11月2日
  4. ^ a b c 元高校球児の岡田健史が芸能界デビュー 有村架純の相手役キャッチ
  5. ^ 第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞”. ザテレビジョンドラマアカデミー賞. 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ 岡田健史:初主演作「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」がHuluで2位に ローカルドラマ初の快挙” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年7月28日閲覧。
  7. ^ “岡田健史、なかやまきんに君の後輩だった…華丸大吉「急に親近感」”. デイリースポーツ. (2021年4月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/04/09/0014225013.shtml?pg=2 2021年4月9日閲覧。 
  8. ^ 阪神ドラ5川原の野望 ビッグになって俳優・岡田健史先輩と再会を Sponichi Annex 2019年1月7日
  9. ^ 『中学聖日記』で異例の芸能界デビュー、新人・岡田健史の素顔 「人生で一番うれしかった」
  10. ^ 第28回TV LIFE年間ドラマ大賞 受賞リスト
  11. ^ 『鬼滅の刃』石原裕次郎賞受賞 『罪の声』が「日刊スポーツ映画大賞」作品賞に」『ORICON NEWS』オリコン、2020年12月28日。2021年1月9日閲覧。
  12. ^ “『日本アカデミー賞』新人俳優賞発表 永瀬廉・森七菜・岡田健史・蒔田彩珠・奥平大兼・服部樹咲”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2182833/full/ 2021年1月27日閲覧。 
  13. ^ “新人・岡田健史、有村架純の相手役でデビュー「あたたかく見守って」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2117811/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  14. ^ お知らせ|TBSテレビ 火曜ドラマ『中学聖日記』”. 2018年11月5日閲覧。
  15. ^ “福岡出身・岡田健史、FBS開局50周年ドラマで初主演 ヒロインは“日本一かわいい女子高生”福田愛依”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2133608/full/ 2019年4月15日閲覧。 
  16. ^ “岡田健史:初主演“博多弁ドラマ”の制服姿公開 ワイシャツ&ネクタイで袖まくり… 新キャストに長見玲亜”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年5月16日). https://mantan-web.jp/article/20190515dog00m200049000c.html 2019年5月16日閲覧。 
  17. ^ “岡田健史「ドクターX」ゲスト出演 初共演の米倉涼子が絶賛”. モデルプレス. (2019年10月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1889235 2019年10月31日閲覧。 
  18. ^ “岡田健史、『ドクターX』第4話出演「ゲスト患者の中でも印象に残る存在に」”. ORICON NEWS. (2019年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2147679/full/ 2019年12月2日閲覧。 
  19. ^ “綾野剛×星野源「MIU404」に岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年2月28日). https://natalie.mu/eiga/news/369004 2020年2月28日閲覧。 
  20. ^ “岡田健史、時代劇初挑戦で主演 本郷奏多と共演<大江戸もののけ物語>”. モデルプレス. (2020年3月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1998654 2020年3月13日閲覧。 
  21. ^ 大内啓輔 (2020年3月13日). “本郷奏多が妖怪・天の邪鬼に!岡田健史の初時代劇「大江戸もののけ物語」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0114702 2020年4月23日閲覧。 
  22. ^ 岡田健史・本郷奏多が共演!「大江戸もののけ物語」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年3月13日). 2020年4月23日閲覧。
  23. ^ “岡田健史と本郷奏多がドラマ「大江戸もののけ物語」で共演、妖怪監修は荒俣宏”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月13日). https://natalie.mu/eiga/news/371093 2020年4月23日閲覧。 
  24. ^ “岡田健史、コロナ禍の高校球児演じる「2020年の全高校球児の姿を具現化できるように」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年8月4日). https://hochi.news/articles/20200804-OHT1T50036.html 2020年8月4日閲覧。 
  25. ^ “岡田健史、南沙良とドラマW主演決定 コロナ禍の高校球児役に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年8月4日). https://mdpr.jp/news/2169784 2020年8月4日閲覧。 
  26. ^ 岡田健史が『ほん怖』初主演!実話をもとにした作品に「霊の存在は信じています」”. フジテレビュー!! (2020年10月27日). 2020年10月28日閲覧。
  27. ^ “岡田健史、新境地のチャラ男役…日テレ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月6日). https://hochi.news/articles/20201105-OHT1T50292.html 2020年11月6日閲覧。 
  28. ^ “吉沢亮主演NHK大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表”. モデルプレス. (2020年7月10日). https://mdpr.jp/news/detail/2138891 2020年7月10日閲覧。 
  29. ^ “岡田健史、大河ドラマ初出演「試行錯誤しながら役作り」 2021年『青天を衝け』”. ORICON NEWS. (2020年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2166666/full/ 2020年7月10日閲覧。 
  30. ^ 岡田健史、短期間で3度目の刑事役「新しい役より難しい」 玉木宏『桜の塔』出演”. ORICON NEWS. 2021年3月9日閲覧。
  31. ^ 映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』波瑠×成田凌W主演、30年に及ぶ男女の恋愛を描く”. ファッションプレス (2019年10月28日). 2019年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月17日閲覧。
  32. ^ “岡田健史と清原果耶が堤真一、石田ゆり子と親子に、「望み」追加キャスト6人発表”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年5月21日). https://natalie.mu/eiga/news/379841 2020年5月21日閲覧。 
  33. ^ “岡田健史が「ドクター・デスの遺産」で初の刑事役、綾野剛&北川景子と犯人追う”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年2月17日). https://natalie.mu/eiga/news/367412 2020年2月17日閲覧。 
  34. ^ “『新解釈・三國志』“チーム呉”に賀来賢人&岡田健史&矢本悠馬&半海一晃”. クランクイン! (ブロードメディア). (2020年6月3日). https://www.crank-in.net/news/77097/1 2020年10月8日閲覧。 
  35. ^ “「奥様は、取り扱い注意」新キャスト&予告解禁、綾瀬はるかが「愛してるなら殺して」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年3月17日). https://natalie.mu/eiga/news/371453 2020年3月17日閲覧。 
  36. ^ “愛してるなら、殺して――「奥様は、取り扱い注意」衝撃の予告完成! 岡田健史、前田敦子らも参戦”. 映画.com. (2020年3月17日). https://eiga.com/news/20200317/2/ 2020年3月17日閲覧。 
  37. ^ "岡田健史&大森南朋&市村正親「そして、バトンは渡された」に出演 永野芽郁が涙する特報も披露". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 16 April 2021. 2021年4月16日閲覧
  38. ^ "岡田健史が天才ピアニスト役、永野芽郁&田中圭が涙する初映像も公開『そして、バトンは渡された』". シネマカフェ. イード. 16 April 2021. 2021年4月16日閲覧
  39. ^ "『そして、バトンは渡された』新キャストに岡田健史、大森南朋、市村正親 特報映像も". Real Sound. blueprint. 16 April 2021. 2021年4月16日閲覧
  40. ^ “松本花奈が手がけた「中学聖日記」スピンオフムービー公開、ドラマの前日譚描く物語”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月25日). https://natalie.mu/eiga/news/301117 2018年11月12日閲覧。 
  41. ^ “岡田健史“SNSサスペンス”で連ドラ初主演「僕たちにとってどストライクな作品」”. oricon.co.jp. (2019年9月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2145220/full/ 2019年9月26日閲覧。 
  42. ^ 岡田健史がSNSのダークサイド描く連続ドラマで主演、AbemaTVにて放送”. 映画ナタリー (2019年9月26日). 2019年10月4日閲覧。
  43. ^ “岡田健史『いとしのニーナ』ドラマ化で主演 初の“ヘタレキャラ””. マイナビニュース. (2020年2月6日). https://news.mynavi.jp/article/20200206-968503/ 2020年2月6日閲覧。 
  44. ^ 『桜の塔』岡田健史演じる富樫のアナザーストーリー決定 ハードな撮影に「観てもらえないと報われない」”. ORICON NEWS. 2021年5月6日閲覧。
  45. ^ 浜辺美波、念願の『JRスキー』出演に歓喜「かなえたい夢でした」 岡田健史とW主演”. ORICON NEWS (2019年12月18日). 2019年12月18日閲覧。
  46. ^ 高機能ダウンブランド『ADS』俳優・岡田健史さんを広告ビジュアルに起用したプロモーションを展開”. ORICON NEWS (2019年10月1日). 2019年12月23日閲覧。
  47. ^ SpicePower【公式】 [@spicepowerstaff]. "テレメンタリー2019" (ツイート). Twitterより2020年3月15日閲覧
  48. ^ 岡田健史の1st 写真集「鼓動」、発売前重版が決定”. 映画ナタリー. 2019年5月19日閲覧。
  49. ^ 俳優・岡田健史のカレンダーが発売&イベント開催が決定 「皆様と一緒に素敵な1年間を過ごせたら」”. Real Sound (2019年12月15日). 2020年3月15日閲覧。
  50. ^ 岡田健史のカレンダーが発売!“プライベート旅”テーマに初挑戦も”. シネマトゥデイ (2020年12月20日). 2021年1月27日閲覧。