岡田健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡田 健次郎

岡田 健次郎(おかだ けんじろう、安政5年1月22日1858年3月7日[1] - 1940年昭和15年)[2])は、明治から昭和時代前期の政治家埼玉県北足立郡蕨町長。別号に如水[2]

経歴・人物[編集]

島田篁村の塾で漢学を学ぶ[2]1876年(明治9年)蕨宿戸長となり、美女木村連合戸長を経て、1889年(明治22年)5月に蕨町助役に就任する[1][2]。ついで、1906年(明治39年)7月、同町町長に就任した[1]

蕨駅開設、蕨地区織物整理検査所創立などに尽力した[2]。ほか、大宮商業銀行取締役、県農工銀行・武州銀行の監査役などを歴任した[2]

栄典[編集]

勲章等
  • 勲八等白色桐葉章
  • 1920年(大正9年)6月 - 勲七等青色桐葉章

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]