岡田利規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡田 利規(おかだ としき、1973年7月10日- )は、日本の劇作家演出家小説家チェルフィッチュ主宰。神奈川県横浜市出身。熊本県在住。

経歴[編集]

1990年代[編集]

  • 1992年4月、慶應義塾大学商学部入学。同年、夢の遊眠社の解散公演『ゼンダ城の虜―苔むす僕らが嬰児の夜』を観劇し刺激を受ける。岩田暁一ゼミに所属していた。大学を「卒業するくらいの年」に影響を受けた本として平田オリザ『平田オリザの仕事1 現代口語演劇のために』(晩聲社、1995年3月)、ベルトルト・ブレヒト『今日の世界は演劇によって再現できるか―ブレヒト演劇論集』(白水社、1996年6月)を挙げている[1]
  • 地域振興のシンクタンクが、その地域の住民を対象に行なったヒアリングなどをテープ起こしするアルバイトをやっていた経験がある。それが「キチンと喋らない台詞、要領を得ない台詞を書くきっかけのひとつ」になったと語っている[2]
  • 1997年、ソロ・ユニットチェルフィッチュを旗揚げ。同年8月、相鉄本多劇場にて旗揚げ公演。
  • 1999年、横浜STスポット主催のショーケース形式の演劇フェスティバル「スパーキングシアター」にチェルフィッチュとして参加。以降、STスポットを拠点に活動。

2000年代[編集]

  • 2005年、『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞を受賞。選考委員からは、演劇というシステムに対する強烈な疑義と、それを逆手に取った鮮やかな構想が高く評価された。とらえどころのない日本の現在状況を、巧みにあぶり出す手腕にも注目が集まった。同年7月『クーラー』で「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005ー次代を担う振付家の発掘ー」最終選考会に出場。9月、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。
  • 2006年6月、ドイツ、ミュールハイム劇作家フェスティバル "Stuecke'06/International Literature Project in the course of the Football World Cup 2006" 日本劇作家代表として参加。
  • 2007年、チェルフィッチュが舞台芸術祭クンステン・フェスティバル・デザールに招聘される。10月、第56回神奈川文化賞・スポーツ賞で文化賞未来賞を受賞。
  • 2008年3月3日(水)、コンテンポラリー・パフォーミングアーツ国際ネットワーク会議にてクリストフ・スラフマイルダー(クンステン・フェスティバル・デザールの芸術監督)とともに基調講演を行った。モデレーターは内野儀
  • 2008年4月、『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で第2回大江健三郎賞受賞。

2010年代[編集]

  • 2010年3月1日 - 2日、東京芸術見本市2010にて平田オリザと対談。
  • 2012年より岸田國士戯曲賞の審査員を務める。
  • 2014年、東京都現代美術館にて映像インスタレーション作品『4つの瑣末な 駅のあるある』を発表。
  • 2015年4月、『現在地』で第28回三島由紀夫賞候補になるも落選。上田岳弘「私の恋人」が受賞。
  • 2016年、ドイツの公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレ(Münchner Kammerspiele)のレパートリー作品の演出を3シーズンにわたって務める。第1弾として6月から7月にかけて(初日は6月24日)『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』を6回上演。同年8月、瀬戸内国際芸術祭にて長谷川祐子によるキュレーションのもと、ダンサー・振付家の森山未來との共作パフォーマンスプロジェクト『in a silent way』を滞在制作、発表。
  • 2017年2月、ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品の演出第2弾として『NŌ THEATER』を上演。6月、自治区のトークシリーズ〈In a Grove〉の第2回目として、金沢21世紀美術館プロジェクト工房にてウティット・ヘーマムーンと対談「国民国家と芸術ータイについて考える」を行う。7月、日本のロームシアター京都 サウスホールにて『NŌ THEATER』を上演。
  • 2018年4月から5月にかけて、ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品第3弾として『NO SEX』を発表。また、同年8月、タイ人作家ウティット・ヘーマムーンが2017年6月に発表した小説『プラータナー:憑依のポートレート』(原題 ”Rang Khong Pratthana” , 英題”Silhouette Of Desire”)を原作とした演劇作品のバンコク公演(世界初演)がチュラーロンコーン大学文学部演劇学科のソッサイパントゥムコーモン劇場にて行われるが、岡田はその脚本、演出を担当。12月には「ジャポニスム2018」の企画の一環としてフランスポンピドゥー・センターでの公演が予定されている。

著作[編集]

戯曲[編集]

(マリファナの害について、三月の5日間、労苦の終わり)

  • 『エンジョイ・アワー・フリータイム』(白水社、2010年)
    • 「フリータイム」(『新潮』2008年6月号)
  • 『現在地』(2014年、河出書房新社、ISBN 9784309023434)

(わたしたちは無傷な別人である、現在地、地面と床) その他、チェルフィッチュの上演作品については同項目を参照。

小説[編集]

  • 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(2007年、新潮社、のち文庫)
    • 三月の5日間(『新潮』2005年12月号)
    • わたしの場所の複数(『新潮』2006年10月号)
  • 『楽観的な方のケース』(『新潮』2008年6月号)
  • 『ショッピングモールで過ごせなかった休日』(『新潮』2013年5月号)

評論[編集]

  • 『遡行 変形していくための演劇論』河出書房新社 2013
  • 『コンセプション』佐々木敦、桜井圭介らとの対談 天然文庫、2014年2月。 - Kindleのみ。

新聞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アーティスト・インタビュー:岡田利規 | Performing Arts Network Japan”. www.performingarts.jp. 2018年7月13日閲覧。
  2. ^ アーティスト・インタビュー:岡田利規 | Performing Arts Network Japan”. www.performingarts.jp. 2018年7月13日閲覧。