岡田将生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おかだ まさき
岡田 将生
岡田 将生
生年月日 (1989-08-15) 1989年8月15日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都[1]江戸川区[2]
身長 181 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2006年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
重力ピエロ
僕の初恋をキミに捧ぐ
告白
アントキノイノチ
宇宙兄弟
ATARU
何者
銀魂
テレビドラマ
花ざかりの君たちへ
黄金の豚
平清盛
リーガルハイ
ST 赤と白の捜査ファイル
掟上今日子の備忘録
ゆとりですがなにか
小さな巨人
昭和元禄落語心中
なつぞら
備考
平清盛』でナレーションを担当(史上最年少)
テンプレートを表示

岡田 将生(おかだ まさき、1989年8月15日[1] - )は、日本俳優東京都江戸川区出身[1][2]スターダストプロモーション所属。

略歴[編集]

中学2年生の時に原宿でスカウトされ、当時はバスケットボール部の活動に夢中だったためいったん断るも高校進学後に事務所と連絡を取りデビューに至る[3]

2006年日本工学院専門学校のCMでデビュー。同年、テレビドラマ『東京少女』(BS-i)でドラマデビューを果たす[3]

2007年、映画『天然コケッコー』、テレビドラマ『生徒諸君!』(テレビ朝日)、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ)でメインキャストを務める。

2008年、テレビドラマ『フキデモノと妹』(テレビ朝日)で初主演。

2008年冬から2009年にかけて、主役級で出演する映画5本(『魔法遣いに大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』)が相次いで公開される。これらによって2009年度映画賞の新人賞を総なめにする。

2009年、映画『ホノカアボーイ』で映画初主演。同年、テレビドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。また、芸能活動と並行して都内の大学に在学していたが、2009年度末に大学を中途退学し[4][5]、俳優業に専念する。

2010年廣木隆一監督の映画『雷桜』で時代劇初出演[6]。映画『告白』では熱血さが空回りする教師役、『悪人』では下劣なイケメン大学生と、癖のある脇役を好演し、第34回日本アカデミー賞では2つの作品から助演男優賞にノミネートされた。

2012年、『平清盛』で源頼朝役を演じ、NHK大河ドラマ初出演にしてナレーションも担当。当時22歳で、源頼朝役を演じるのも、ナレーションを担当するのも大河ドラマ史上最年少となった[7]

2014年、蜷川幸雄演出による舞台『皆既食 -Total Eclipse-』で初舞台を踏み、19世紀フランスの詩人アルチュール・ランボー役で主演を務めた[8]

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • 音楽熱帯夜‐YUKI LIVE in TOKYO DOME(2012年11月10日、NHK BSプレミアム) - ナレーション

配信ドラマ[編集]

  • 北風の法廷 〜鉄仮面弁護士・櫻川風香〜(2017年3月10日・17日、hulu) - 麹谷陽太 役
  • 太陽の法廷 〜不戦弁護士・麹谷陽太〜(2017年3月24日・31日、hulu) - 主演・麹谷陽太 役
  • 山岸ですがなにか(2017年7月、hulu) - 坂間正和 役

ラジオ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

書籍[編集]

  • aloha. 岡田将生 in ホノカアボーイ(2009年3月14日発売、ぴあ
  • 未来の破片(2016年8月25日、ギャンビット)[96]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 三角康介役の志尊淳とダブル主演

出典[編集]

  1. ^ a b c d e スターダストプロモーション芸能3部 岡田将生プロフィール”. STARDUST公式サイト. スターダストプロモーション. 2017年4月29日閲覧。
  2. ^ a b 岡田将生、はなわに“江戸川区のうた”をオファーも…「江戸川区にこんなイケメンいる?」”. オリコンニュース (2019年11月11日). 2020年1月22日閲覧。
  3. ^ a b c 岡田将生 (2013年10月25日). 【岡田将生】謙虚な男は心の痛みも分かる 映画「潔く柔く」主演. インタビュアー:加藤弓子. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20131025/peo1310250738000-n1.htm 2016年8月11日閲覧。 
  4. ^ a b “岡田将生「大学辞めた」ブルーリボン新人賞”. サンケイスポーツ. (2010年1月28日). オリジナルの2010年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100129072730/http://www.sanspo.com/geino/news/100128/gnj1001280505013-n1.htm 2014年8月15日閲覧。 
  5. ^ a b 「2010年エランドール賞」新人賞6名が決定 岡田将生は大学中退に「後悔はない」”. ORICON STYLE (2010年2月4日). 2017年3月1日閲覧。
  6. ^ 蒼井優「雷桜」初日に感涙 岡田将生はもらい泣き”. 映画.com (2010年10月22日). 2014年12月1日閲覧。
  7. ^ “俺でいいの?岡田将生“最年少”頼朝役&ナレーター”. スポーツニッポン. (2011年8月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/taiga/2012/kiji/K20110809001393610.html 2015年2月8日閲覧。 
  8. ^ 岡田将生が舞台初挑戦「いつか挑戦したいと思ってた」”. ORICON NEWS (2014年7月28日). 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ 報知映画賞 歴代受賞一覧”. スポーツ報知. 2017年4月6日閲覧。
  10. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2017年4月6日閲覧。
  11. ^ 第31回ヨコハマ映画祭”. ヨコハマ映画祭. 2017年4月6日閲覧。
  12. ^ 受賞結果一覽:第33回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年4月6日閲覧。
  13. ^ 【日本アカデミー賞授賞式】新人俳優賞に岡田将生、平愛梨ら”. 日テレNEWS24 (2010年3月5日). 2014年8月15日閲覧。
  14. ^ 過去の受賞作品:2000年度~2009年度”. 日本映画批評家大賞 公式サイト. 2017年4月6日閲覧。
  15. ^ 受賞結果一覽:第34回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年4月6日閲覧。
  16. ^ 第4回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. Oricon. 2017年4月6日閲覧。
  17. ^ 春ドラマ主演男優No.1は、『ゆとり~』の岡田将生”. ORICON NEWS (2016年7月23日). 2017年4月6日閲覧。
  18. ^ “TBS「重版出来!」作品賞 主演男優賞は岡田将生、主演女優賞は満島ひかり オリコン系ドラマ賞”. 産経ニュース. (2016年8月9日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160809/ent1608090003-n1.html 2016年8月11日閲覧。 
  19. ^ “第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『今日から俺は!!』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着”. ORICON NEWS. (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52465/#link3 2019年2月1日閲覧。 
  20. ^ “岡田将生:女装姿でポールダンス挑戦 広末涼子とセクシーに”. MANTANWEB. (2014年8月4日). http://mantan-web.jp/2014/08/04/20140803dog00m200048000c.html 2015年11月28日閲覧。 
  21. ^ 岡田将生が明かす、『ストレイヤーズ・クロニクル』撮影の日々”. cinemacafe.net (2014年11月19日). 2016年7月16日閲覧。
  22. ^ “佐藤健「何者」に主演!有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生と就活疑似体験で四苦八苦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月11日). http://eiga.com/news/20160311/1/ 2016年3月11日閲覧。 
  23. ^ 「銀魂」新八は菅田将暉、神楽は橋本環奈!長澤まさみ、岡田将生らも出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月4日). 2016年8月4日閲覧。
  24. ^ 映画「ジョジョ」仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介!監督は三池崇史”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。
  25. ^ “岡田将生、モンスター級の痛男役 木村文乃と映画W主演&初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2091588/full/ 2017年5月31日閲覧。 
  26. ^ “岡田将生、金髪バンドマンに 鉄拳原作「家族のはなし」実写映画化”. モデルプレス. (2018年3月9日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1750862 2018年3月9日閲覧。 
  27. ^ “大泉洋、北海道シリーズ第3弾「そらのレストラン」に主演!テーマはチーズ&仲間”. 映画.com. (2018年2月9日). https://eiga.com/news/20180209/2/ 2018年7月3日閲覧。 
  28. ^ “岡田将生&志尊淳が“心霊探偵バディ”に 『さんかく窓の外側は夜』実写映画化”. ORICON NEWS. (2020年1月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2153021/full/ 2020年1月13日閲覧。 
  29. ^ 4月のドラマ24は岡田将生×鈴井貴之のコメディー”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2015年1月19日). 2018年6月29日閲覧。
  30. ^ “岡田将生&及川光博&有岡大貴らが出演決定!土9ドラマ「掟上今日子の備忘録」”. cinemacafe.net. (2015年8月18日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/08/18/33468.html 2015年9月11日閲覧。 
  31. ^ 宮藤官九郎、岡田将生でゆとり世代描く「45才にして初めて挑む社会派ドラマ」”. ORICON STYLE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  32. ^ 岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥、“ゆとり世代”の逆襲描く!? 宮藤官九郎脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」”. シネマカフェ (2016年2月10日). 2016年3月9日閲覧。
  33. ^ 岡田将生、波瑠に「ずっと“好き好き”言ってる」 正反対の“北風と太陽”役に挑戦、共通点は?”. モデルプレス (2017年2月3日). 2017年2月21日閲覧。
  34. ^ 役所広司、新垣結衣、岡田将生ら出演の特集ドラマ『絆〜走れ奇跡の子馬〜』今夜から2夜連続放送”. TVLIFE Web. 学研プラス (2017年3月23日). 2018年6月29日閲覧。
  35. ^ a b 日本標準時と24時制で記載する。
  36. ^ 『バイプレイヤーズ』ファンの岡田将生、「まさか自分が」- 終盤ゲスト発表”. マイナビニュース (2017年2月17日). 2017年2月21日閲覧。
  37. ^ 『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』の劇中ドラマで史上最も豪華なキャスト!”. バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜「最新情報」. テレビ東京 (2018年1月18日). 2018年2月9日閲覧。
  38. ^ 本田望結、『バイプレ』劇中朝ドラヒロインに! 豪華キャスト続々登場”. マイナビニュース (2018年1月18日). 2018年1月19日閲覧。
  39. ^ “長谷川博己、TBS日曜劇場に初主演 警察組織の闘いで岡田将生と対峙”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2086579/full/ 2017年2月27日閲覧。 
  40. ^ 「昭和元禄落語心中」公式サイト(NHK)”. 2018年12月20日閲覧。
  41. ^ “昭和元禄落語心中:10月からNHKで実写ドラマ化 主演に岡田将生”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年7月4日). https://mantan-web.jp/article/20180704dog00m200014000c.html 2018年7月4日閲覧。 
  42. ^ 岡田将生「楽しかったです。今年も頑張ってよかったと思えました(笑)」”. Muscat. フジテレビ (2018年12月9日). 2018年12月17日閲覧。
  43. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2018年4月26日閲覧。 
  44. ^ リリー・フランキーと吉田大八がドラマでタッグ、小林聡美と岡田将生も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  45. ^ SCHOOL OF LOCK!”. TOKYO FM 80.0MHz (2009年2月19日). 2017年10月14日閲覧。
  46. ^ 岡田将生&北乃きい出演の人気ラジオ番組が19日放送 恋愛相談にSalyuライヴも”. CinemaCafe.net (2009年2月18日). 2017年10月14日閲覧。
  47. ^ SCHOOL OF LOCK!”. TOKYO FM 80.0MHz (2012年5月9日). 2017年10月14日閲覧。
  48. ^ 映画『重力ピエロ』のラジオ特番で小日向文世が番組MC挑戦”. ORICON NEWS (2009年5月5日). 2017年10月14日閲覧。
  49. ^ 3月8日 濱田岳さん、岡田将生さん(映画「偉大なる、しゅららぼん」出演)”. 東海ラジオ 1332kHz / 92.9MHz (2014年3月8日). 2017年10月19日閲覧。
  50. ^ 映画「偉大なる、しゅららぼん」”. 東海ラジオ 1332kHz / 92.9MHz (2014年3月4日). 2018年1月8日閲覧。
  51. ^ 岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」”. modelpress (2014年11月14日). 2017年10月14日閲覧。
  52. ^ 岡田将生&広末涼子共演作「想いのこし」の後日談描くラジオドラマが放送決定!”. 映画.com (2014年11月16日). 2017年10月14日閲覧。
  53. ^ Bunkamura25周年記念 皆既食 ~Total Eclipse~”. Bunkamura. 2017年4月15日閲覧。
  54. ^ 岡田将生が舞台初挑戦「いつか挑戦したいと思ってた」”. ORICON STYLE (2014年7月28日). 2014年8月15日閲覧。
  55. ^ 岡田将生、2度目の舞台「物語に引き込まれて“もうやるしかない”と思った」”. SANSPO.COM (2015年7月18日). 2015年7月18日閲覧。
  56. ^ “阿部サダヲ「かわいい」岡田将生とボーイズラブ舞台”. 日刊スポーツ. (2016年3月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1617725.html 2016年3月17日閲覧。 
  57. ^ “岡田将生がタイトルロールに挑む「ハムレット」上演決定、オフィーリア役に黒木華”. https://natalie.mu/stage/news/304994 2018年10月24日閲覧。 
  58. ^ 岡田将生「自信を持って作品を届けられる」 舞台『ブラッケン・ムーア〜荒地の亡霊〜』初日前会見&ゲネプロレポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年8月11日閲覧。
  59. ^ 岡田将生のCM出演情報”. ORICON NEWS (--). 2017年5月17日閲覧。
  60. ^ 近藤謙太郎 (2010年5月10日). “ドコモ、渡辺謙・岡田将生、木村カエラ・堀北真希出演の新CMを制作”. マイナビニュース. 2014年8月15日閲覧。
  61. ^ サントリーCMでマッチ、矢沢、教授ら71名がマイクリレー”. 音楽ナタリー (2011年4月7日). 2014年8月15日閲覧。
  62. ^ ほっともっとの宅配スタート、昨年開始予定も1年かけシステム再構築。”. ナリナリドットコム (2014年6月23日). 2014年8月15日閲覧。
  63. ^ indigo la End&ゲスの極み乙女。、スマホ向けアプリ「消滅都市」でWタイアップ”. musicman-NET (2015年11月19日). 2015年11月28日閲覧。
  64. ^ “猟奇的過ぎる岡田将生!その表情に宮川大輔ガチぶるっ…CMで共演”. スポーツ報知. (2016年7月16日). オリジナルの2016年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/LdJgj 2016年7月16日閲覧。 
  65. ^ “岡田将生ジンジャーエールCMキャラクター就任 「大人の空間が楽しめる」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2017年2月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/14/0009914001.shtml 2017年2月21日閲覧。 
  66. ^ クロレッツの新CMキャラクターに岡田将生さんを起用!クロレッツ「スッキリと、前へ。」篇”. PR TIMES (2017年9月4日). 2017年9月7日閲覧。
  67. ^ 食事時の「息への不安」から起こる職場のミスコミュニケーションを岡田将生さんがクロレッツでスッキリ解決!クロレッツ新TV-CM2018年9月10日(月)からオンエア開始”. PR Times (2018年9月3日). 2019年1月18日閲覧。
  68. ^ 岡田将生「ONE AXA」の顔…新CM9日から放送”. スポーツ報知 (2017年9月8日). 2017年9月8日閲覧。
  69. ^ アクサダイレクト、新TVCMに岡田 将生さんを起用  12月11日より「僕が選んだアクサダイレクト」篇を放映開始”. @Press (2017年12月11日). 2017年12月11日閲覧。
  70. ^ アクサダイレクト、岡田将生さん出演の自動車保険の 新CM「天体観測」篇を1月12日より全国で放映開始”. @Press (2019年1月11日). 2019年1月18日閲覧。
  71. ^ “岡田将生が出演のアクサダイレクト新CM「家族の思い出」篇。1月6日より全国で放映!」”. UNIVERSAL PRESS. (2020年1月6日). https://universal-press.jp/news/2796 2020年1月6日閲覧。 
  72. ^ “岡田将生、初体験のエプロン姿「家庭的な面もある」”. スポーツ報知. (2018年4月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180412-OHT1T50088.html 2018年4月13日閲覧。 
  73. ^ 『重力ピエロ』主題歌で新鋭バンドS.R.Sデビュー”. ORICON NEWS (2009年3月19日). 2017年7月9日閲覧。
  74. ^ 舞花デビュー半年足らずで映画「雷桜」主題歌に抜擢”. 音楽ナタリー (2010年8月17日). 2017年7月9日閲覧。
  75. ^ 岡田将生がGReeeeNの「恋文〜ラブレター〜」PVに出演!患者に恋する青年医師に”. クランクイン!! (2011年10月19日). 2016年8月11日閲覧。
  76. ^ GReeeeN最新PV「恋文~ラブレター~」に岡田将生が出演”. 音楽ナタリー (2011年10月19日). 2017年7月9日閲覧。
  77. ^ 「イメージ通り」阿部真央PVに岡田将生が声優で参加”. 音楽ナタリー (2013年6月26日). 2017年7月9日閲覧。
  78. ^ [Alexandros]新曲MVで岡田将生がモラトリアム期の青年に”. 音楽ナタリー (2017年11月15日). 2017年11月15日閲覧。
  79. ^ [Alexandros]、新MVで岡田将生が青年期の心情を表現”. BARKS (2017年11月15日). 2017年11月15日閲覧。
  80. ^ [Alexandros]クロレッツCMソング「明日、また」MVフルバージョン公開”. 音楽ナタリー (2017年12月1日). 2017年12月1日閲覧。
  81. ^ 言葉はさんかく こころは四角”. ORICON NEWS (--). 2017年7月9日閲覧。
  82. ^ THYME、映画『魔法遣いに大切なこと』主題歌をリリース”. BARKS (2008年12月3日). 2017年7月9日閲覧。
  83. ^ Kの新曲PVに、北川景子・岡田将生出演”. BARKS (2010年5月13日). 2017年11月3日閲覧。
  84. ^ K - 6/19公開映画「瞬 またたき」(北川景子、岡田将生出演)主題歌 - K 6月16日発売シングル「会いたいから」ミュージックビデオ視聴”. Sony Music Records Inc (--). 2017年11月3日閲覧。
  85. ^ 10月22日公開の映画「雷桜」のサウンドトラックも手がけている大橋トリオ。「NEWOLD」には劇中曲「Fairy」のリアレンジバージョンが収録される。”. 音楽ナタリー (2010年10月19日). 2017年7月9日閲覧。
  86. ^ 斉藤和義、映画『潔く柔く』主題歌にスローバラードを書き下ろし”. ORICON NEWS (2013年8月1日). 2017年11月30日閲覧。
  87. ^ いくえみ綾が斉藤和義を描く!「潔く柔く」主題歌シングル”. 音楽ナタリー (2013年8月19日). 2017年11月30日閲覧。
  88. ^ スガシカオ、伊坂幸太郎×岡田将生映画に書き下ろし主題歌”. 音楽ナタリー (2014年2月5日). 2017年7月9日閲覧。
  89. ^ スガシカオ、新曲PVは映画「オー!ファーザー」シーン満載”. 音楽ナタリー (2014年5月9日). 2014年8月15日閲覧。
  90. ^ ストレイテナー、ミスターの北海道ドラマを“渾身のバンド力”で彩る”. 音楽ナタリー (2015年2月9日). 2017年7月9日閲覧。
  91. ^ ストレイテナー「不便な便利屋」主題歌MVに岡田将生”. 音楽ナタリー (2015年4月22日). 2017年7月9日閲覧。
  92. ^ 九州育ち草野マサムネ、岡田将生主演ドラマに妄想力で書いた雪ソング提供”. 音楽ナタリー (2015年3月14日). 2017年7月9日閲覧。
  93. ^ スピッツ「雪風」×ドラマ「不便な便利屋」映像でコラボ”. 音楽ナタリー (2015年4月24日). 2017年7月9日閲覧。
  94. ^ androp、映画『伊藤くん A to E』主題歌のスペシャルムービー公開!セットリスト公募企画も始動”. M-ON! MUSIC (2017年11月30日). 2017年11月30日閲覧。
  95. ^ 岡田将生 × 木村文乃 『伊藤くん A to E』とandrop主題歌「Joker」のコラボ映像”. ムビッチ (2017年11月30日). 2017年11月30日閲覧。
  96. ^ “岡田将生の7年間まとめた書籍に撮り下ろしカット多数収録、誕生日にはイベントも”. 映画ナタリー. (2016年7月15日). http://natalie.mu/eiga/news/194644 2016年7月15日閲覧。