岡田幹治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 幹治(おかだ もとはる、1940年 - )は、日本のジャーナリストノンフィクション作家。元朝日新聞論説委員、朝日ニュースター(CS放送)キャスター、週刊金曜日の編集長。

経歴[編集]

新潟県高田市(現・上越市)生まれ。1959年新潟県立高田高等学校卒業、1964年、一橋大学社会学部を卒業後、朝日新聞社に入社。1979年にワシントン特派員を経て、1988年に朝日新聞論説委員となる。2000年、同社を定年退社し、フリージャーナリストに転身した。現在は、食の安全や公共事業、日本経済を主なテーマにして、市民の立場から取材・執筆・講演活動をしている。

FSN(食の安全を考えるネットワーク)理事のほか、上智大学法政大学の講師、東京経済大学の非常勤講師も務めている。

主な著作[編集]

  • 『金満症にっぽん』
  • 『2003年版騙されないための経済学』

主な論文[編集]

  • 「米国産牛肉は本当に安全か」(エコノミスト 2005年11月22日号)
  • 「ニュージーランドで郵貯が復活した理由」(エコノミスト 2005年10月25日号)
  • 「日本初の裁判が暴いたGMイネの問題点」(世界週報 2005年10月25日号)
  • 「住民の流出がやまぬダム建設予定地」(世界週報 2005年8月30日号)
  • 「これでいいのか大増税路線」(月刊ベルダ 2005年12月号)
  • 「『宰相候補』竹中平蔵の危うさ」(月刊ベルダ 2005年12月号)