岡田敬二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1966年撮影、左より岡田小原弘亘柴田侑宏酒井澄夫阿古健植田紳爾

岡田 敬二(おかだ けいじ、1941年2月19日 - )[1]は、日本レビュー演出家宝塚歌劇団の演出家。東京市(現東京都港区)生まれ[1]

日本レビュー界の第一人者。宝塚歌劇団では近年『ロマンチック・レビュー』路線を提唱。『ロマンチック・レビュー』は最新作『シトラスの風-Sunrise-』を含め20本になる。

プロフィール[編集]

1959年、東京都立大森高等学校卒業。早稲田大学第一文学部入学。

1963年、早稲田大学第一文学部を卒業後、宝塚歌劇団演出部に就職[1][2][3]

1967年、『若者たちのバラード』で演出家デビュー[1]

1974年、文化庁海外研修員として、1年間の海外留学。

1977年、『ザ・レビュー』で文化庁芸術祭大衆芸能部門2部 優秀賞を受賞。

1970年代、『青春のプレリュード』『ビューティフル・ピープル』『イフ』といったフォークソングを積極的にレビューに取り入れるなどの、実験的な作風で知られた。

1984年、『ジュテーム』を皮切りに伝統的な宝塚レビューに、独自の美学を反映させた、独自のスタイル『ロマンチック・レビュー』を提唱[1]。宝塚大劇場にてシリーズ化。一躍日本を代表するレビュー作家となる。

長年にわたり、エレガントなオリジナルレビューを演出。数多くの名場面を生み出し不動の地位を確立する。代表作として『魅惑』『ル・ポアゾン 愛の媚薬[1][4]ダンディズム!』『ラ・カンタータ』などがある。

『アップル・ツリー』(1979年)『ディーン』(1981年)『キス・ミー・ケイト』(1988年)など、海外ミュージカルの宝塚歌劇版の演出も多く手がける。特に1993年アメリカ演劇界の第一人者 演出家トミー・チューンとの共同演出の宝塚版『グランドホテル』、『Broadway Boys』は大きな話題となる。さらに桜田淳子主演の『アニーよ銃を取れ』など、ミュージカルの演出も多数。

ロマンチック・レビュー[編集]

岡田が1984年の『ジュテーム』から提唱した一連のシリーズ[5]。宝塚歌劇団創設者・小林一三の『清く正しく美しく』のモットーと、女性だけで演じるという特殊性を生かし、美しく華やかで品位をもった作品。日本人の心の琴線に触れるような内容を持ちたいとの想いが込められている[6]。主題歌など作曲編曲はすべて吉崎憲治が担当している。

エピソード[編集]

趣味は競馬[2]エイジアンウインズは自身の宝塚歌劇作品『ASIAN WINDS! - アジアの風 -』から名付けられる[7]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

大劇場作品[編集]

その他の劇場の作品[編集]

コンサート[編集]

ディナーショー[編集]

宝塚歌劇団以外の舞台作品[編集]

受賞歴[編集]

  • 1977年 文化庁芸術祭 大衆芸能部門2部優秀賞(『ザ・レビュー』の演出に対して)
  • 1988年 月刊『ミュージカル』・アーチスト部門 第4位(『キス・ミー・ケイト』の演出に対して)[17]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ENAK SIMiRE STYLE ”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ a b ヴィクトリアMの勝ち馬“エイジアンウインズ” 宝塚歌劇団と競馬の共通点 - 大恵陽子 | 競馬コラム” (日本語). netkeiba.com. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ 宝塚女優と結婚した早大教授 逍遙のおい 坪内士行の青春 【10月21日 創立記念特集】” (日本語). 早稲田ウィークリー. 2020年12月27日閲覧。
  4. ^ 「歌劇」誌の読者投票で1位に選ばれた傑作レビュー
  5. ^ ロマンチック・レビューの軌跡”. 2021年6月20日閲覧。
  6. ^ 出典「岡田敬二 ロマンチック・レビュー」 阪急コミュニケーションズ刊
  7. ^ 名付け親さんいらっしゃ~い!エイジアンウインズ Part.2 | 大惠陽子の「夢への第一歩」” (日本語). 2021年1月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ロマンチック・レビューシリーズの作品
  9. ^ 1996年に全国ツアーで再演
  10. ^ 1997年に中日劇場で続演
  11. ^ 1999年に全国ツアーで再演
  12. ^ 花組は2000年に『ザ・レビューIV』として中日劇場で続演
  13. ^ 2003年に中日劇場で続演
  14. ^ 2007年に『ネオ・ダンディズム! II』として博多座で再演(主演:安蘭けい)、2008年に『ネオ・ダンディズム! III』として全国ツアーで再演(主演:安蘭けい)
  15. ^ Challenger!! | 梅田芸術劇場” (英語). www.umegei.comschedule. 2021年4月4日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “吉崎憲治&岡田敬二の宝塚レビュー曲を紡ぐコンサートに瀬戸内美八、剣幸ら(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  17. ^ 主演・大浦みずきもこの作品での演技に対して、月刊「ミュージカル」・タレント部門 第5位に入賞し、作品自体も、作品部門 第3位に入賞