岡田武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡田 武彦(おかだ たけひこ、1908年11月22日 - 2004年10月17日)は、日本の中国哲学者。著作家。

人物[編集]

兵庫県姫路市郊外で生まれる。姫路高校を経て1934年九州帝国大学法文学部支那哲学科卒。富山県立神通中学校教師、宮崎県立延岡中学校教師、1939年福岡県中学修猷館教師、1943年長崎師範学校教師、1945年熊本陸軍幼年学校教師、1946年修猷館教師、1949年九州大学教養部助教授、教授、1972年定年退官、名誉教授となり、西南学院大学教授、1980年活水女子短期大学教授、活水女子大学教授、89年退職。中国哲学研究などを専門とした。2004年10月に老衰により福岡市南区の自宅で死去。著作集全24巻がある。

2007年10月に福岡県朝倉市に岡田武彦記念館が開館した。

著作[編集]

  • 楠本端山 生涯と思想』積文館書店 1959
  • 『東洋の道』明徳出版社 1969
  • 王陽明文集』 (中国古典新書)明徳出版社 1970
  • 『中国と中国人』啓学出版 1973
  • 『東洋の道 続』明徳出版社 1976
  • 『坐禅と静坐』 (大教選書)大学教育社 1977
  • 劉念台文集』 (中国古典新書)明徳出版社 1980
  • 『江戸期の儒学 朱王学の日本的展開』木耳社 1982
  • 『中国思想における理想と現実』木耳社 1983
  • 『宋明哲学の本質』木耳社 1984
  • 『叢書・日本の思想家 6 山崎闇斎』明徳出版社 1985
  • 『王陽明』 (シリーズ陽明学) 明徳出版社 1989-91
  • 孫子新解』 (日経ベンチャー別冊)日経BP社 1992
  • 『現代の陽明学』明徳出版社 1992
  • 『儒教精神と現代』明徳出版社 1994
  • 『東洋のアイデンティティ 中国古代の思想家に学ぶ』批評社 1994
  • 『王陽明小伝』明徳出版社 1995
  • 『王陽明紀行 王陽明の遺跡を訪ねて』登龍館 1997
  • 『簡素の精神』致知出版社 1998
  • 『警世の明文王陽明拔本塞源論 王陽明の万物一体思想』明徳出版社 1998
  • 『ヒトは躾で人となる』登龍館 2001
  • 『陽明学つれづれ草 岡田武彦の感涙語録』明徳出版社 2001
  • 岡田武彦全集』全24巻 明徳出版社
1-5 王陽明大伝 生涯と思想 2002-05
6-7 王陽明全集抄評釈 2006
8-9 王陽明紀行 2007
10-11 王陽明と明末の儒学 2004
12 孫子新解 2003
13 劉念台文集 2005
14 東洋の道 2006
15 東洋のアイデンティティ 2007
16 朱子の伝記と学問 2008
17-18 宋明哲学の本質 2008-09
19 中国思想の理想と現実 2009
20 中国と中国人 2009
21 江戸期の儒学 2010
22 山崎闇斎と李退渓 2011
23 貝原益軒 2012
24 林良斎と池田草菴 2013

共編著・校注[編集]

  • 『幕末維新朱王学者書翰集 巻1』佐藤仁共編. 岡田武彦 1962
  • 『日本思想大系 47 近世後期儒家集』中村幸彦共校注 岩波書店 1972
  • 『近世漢籍叢刊 和刻影印 思想3編』全16 荒木見悟共主編 中文出版社 1977
  • 『叢書・日本の思想家 42 月田蒙斎 難波征男著 楠本端山 岡田武彦 明徳出版社 1978
  • 『楠本端山・碩水全集』岡田武彦 [ほか]編集 葦書房 1980
  • 『近世漢籍叢刊 和刻影印 思想4編』全14 荒木見悟共主編 中文出版社 1984
  • 『近世漢籍叢刊 和刻影印 思想初編』全12 荒木見悟共主編 中文出版社 1985
  • 『叢書・日本の思想家 9 安東省庵 菰口治著 貝原益軒 岡田武彦 明徳出版社 1985
  • 『陽明学の世界』編著 明徳出版社 1986
  • 『叢書・日本の思想家 29 近藤篤山 近藤則之著 林良斎 岡田武彦 明徳出版社 1988
  • 『現代に生きる論語』熊谷八州男共編 文言社 1989
  • 佐藤一斎全集』全14巻 監修. 明徳出版社 1998-2010
  • 『簡素と和合 対立から大同の世紀へ 岡田武彦・張岱年対談』難波征男編 中国書店 1999
  • 崇物論