岡田益吉 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡田 益吉(おかだ ますきち、1899年 - 1981年4月10日)は、日本のジャーナリスト。

東京府出身。1923年早稲田大学卒、読売新聞東京日日新聞政治部記者、満洲国情報課長、防衛総司令部調査室、戦後、河北新報記者、1954年より著述業。

著書[編集]

  • 『東北開発夜話』河北新報社 1956 のち金港堂出版
  • 『続・東北開発夜話』経済往来社 1957 のち金港堂出版
  • 『昭和のまちがい』雪華社 1967
  • 『日本陸軍英傑伝 将軍暁に死す』光人社 1972 のち文庫
  • 『軍閥と重臣 新聞記者のみた昭和秘史』読売新聞社 1975
  • 『危ない昭和史 事件臨場記者の遺言』光人社 1981

参考[編集]

  • 『日本陸軍英傑伝』光人社NF文庫、著者紹介
  • 『人物物故大年表』