岡田直敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡田 直敏(おかだ なおとし、1953年4月15日[1] - )は、日本新聞記者。2015年より日本経済新聞社代表取締役社長

経歴[編集]

宮崎県門川町生まれ。ラ・サール高等学校卒業。東京大学法学部卒業。

ブルース・リーの映画「ドラゴンへの道」を見て、その美しさに感動したことから、大学入学後に少林寺拳法を始める。 少林寺拳法の本部合宿にも参加しており、開祖、宗道臣から薫陶を受ける。[2]

1976年、日本経済新聞社入社。フランス語が堪能で1989年から1991年までパリ特派員を務める。常務取締役、専務取締役東京本社編集局長、取締役副社長などを歴任。2015年、代表取締役社長に就任。

2018年10月、日仏関係向上への貢献のほか、メセナ活動等を通じてフランスと日本の文化、経済交流の促進に取り組んできたことが評価され、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエが叙勲された。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.314
  2. ^ 少林寺拳法オンラインマガジン
  3. ^ 日本経済新聞社の岡田直敏社長がレジオン・ドヌール勲章を受章(在日フランス大使館)