岡田秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 秀一(おかだ ひでいち、1951年10月15日[1] - )は、日本通産官僚経産官僚。小泉内閣総理大臣秘書官経済産業省の商務情報政策局長、通商政策局長、経済産業審議官を歴任した。

退官後は、日本電気副社長、石油資源開発社長などを務める。

経歴[編集]

主な活動[編集]

小泉内閣の総理大臣秘書官時代は、広報などを担当。小泉メルマガなどを担当した。

経済産業省商務情報政策局長としては、グリーンIT、サービス業の生産性向上などを進めた。

通商政策局長、経済産業審議官としては、日中韓FTAやTPPAPEC、インド、カザフスタンミャンマーとの経済協力などを担当した。

退官後、スタンフォード大学では、日米エネルギー協力の会議開催を主導した。

日本電気では、サイバーセキュリティー技術の世界への普及を目的とした「サイバーセキュリティー190カ国計画」を推進するなど、主に国際分野で活動した。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.241

参考文献[編集]

  • 経済産業省ホームページ、独立行政法人経済産業研究所ホームページ、日経新聞等。